レンジフード 換気扇

レンジフードの汚れは当店の分解クリーニングであっという間に解決です

クリーニング内容です 

1)フードカバー
取り外して洗剤で油汚れを落とします。
内蔵の照明も外して洗浄します。

2)油取りネット
洗剤、ブラシで目に詰まった油汚れを落とします。

3)シロッコファン 又は プロペラファン
取り外して洗浄します。
シロッコファンの羽根の裏側も丁寧にきっちり落とします。

レンジフードのクリーニング範囲

ベトベトのレンジフードがこれくらいキレイになります

フードカバーの内側にこびりついている油普段はあまり目にすることの無いフードカバーの内側の様子です。
油でベトベト。酸化した酸っぱい臭いがプ~ンと漂います。
何年も放っておくと塗装が傷んで剥がれてしまいます。
「自分家のは剥がれてないよ」といっても要注意!油が酸化するときの侵食作用で塗装が浮いて密着力が落ちてます。ちょっと触ると剥がれるケースが多いのです。
油とりネットや内蔵の照明カバーの縁などは一番最初に傷む部分です。
そうなる前に1年に一度はきちんとクリーニングすることをお奨めします。
こまめにクリーニングすればそれだけ長持ちするようになります。


フードカーバーの油を落としている様子◆クリーニング中◆

油が固着しているのでスポンジやブラシでは太刀打ちできません。
油の膜をこそぎ落としていく感じで・・・

 

 

 

 


フードカバーの内側をクリーニングし終わった様子◆クリーニング後◆

素手で触ってもヌルヌルしません!
油の臭いも消えました。

ファンやネットも様々な道具を駆使して油汚れを落とします。
ネットの目詰まりも無くなり吸入効率が良くなるのでキッチンまわり全体の汚れ防止になります。

 

 


フードカバーからこそぎ落とした油の塊 衝撃!

落とした油の膜を集めてみました。
ワカメではないんです。

こうなる前にクリーニングしましょう

 

 

 

 


シロッコファンの油を落としている作業中の様子衝撃2

こちらはシロッコファンです。
羽にビッシリ油が付いています。
こびりついている油を一枚一枚、丁寧に落としていきます。

 

 

 

 


シロッコファンのケース内部の油を取り除いている様子 衝撃3

シロッコファンが収まっていたケースの底です。
油がコッテリ溜まって固まっています。
これは右側から落としている作業途中の写真です。

放っておくとどんどん部品が腐食していきます。
その前にクリーニングをお勧めします。

 

気になる料金はこちら

フードの幅が90cmまで
カバーの幅90㎝以内のレンジフード

■価格:15,100円(税込)

■作業時間:約2時間~3時間

 

 

 

フードの幅が90cm超、天井吊り下げ型、対面型
天井吊り下げタイプのレンジフード

■価格:17,200円(税込)

■作業時間:約3時間

 

 

 

※レンジフード、キッチン、浴室、トイレ、洗面所を組み合わせてご注文いただくと、とてもお得になる水まわりセットもございます。
2ヶ所以上のお好きなセットからご利用いただけます。

施工にあたってのお知らせ
(必ず読んで下さい)
※レンジフードの汚れ度合いや劣化度合いにより、塗装が剥がれたり、クリーニングができない場合があります。

※海外製品を中心としたお洒落なタイプの中には分解が出来ないものもあります。事前に取り扱い販売店への確認をお願い致します。

※水道、流し台、又はお風呂を使用させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

※事前に調理器具などを移動し、フード下、調理台、シンク周辺の整理をお願い致します。

※自動車で伺いますので、駐車スペースのご用意をお願いいたします。
無き場合は誠に恐れ入りますが、近隣の有料駐車場の料金をご負担下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

ご予約はお見積りフォーム、またはお電話にてお願い致します

お見積りフォーム

◆電話番号:048-284-7910(9:00~20:00)

◆店長直通:090-8032-9498(お客様専用です。業者さんの営業電話はご遠慮ください)

◆訪問範囲
【東京】
練馬区、板橋区、北区、足立区、葛飾区、墨田区、荒川区、豊島区、台東区、江戸川区、文京区、千代田区、中野区、杉並区の一部(※)、新宿区、渋谷区、清瀬市、東久留米市、西東京市

※杉並区はJR中央線よりも北側エリアまでとなります。
23区のうち、大田区、品川区、目黒区、港区、世田谷区、江東区、中央区は対象外となります。

【埼玉】
川口市(鳩ヶ谷市)、蕨市、戸田市、和光市、朝霞市、新座市、志木市、さいたま市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、春日部市

 

お客様からクリーニング後の感想をいただきました

川口市 N様
分解なんて自分では出来ないし、中は汚れているんだろなぁとずっと気になっていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。
中から取り出した油の量には目を疑いました。(※シロッコファンのカバー内部に溜まっていた油です)
業者さんにお願いするのも何となく気が引けて先送りにしていたのですが、こんなことならもっと早くお願いすれば良かったです。錆がだいぶ進んでいるとのことだったので、次からはもう少しこまめにクリーニングするようにします。

目黒区 N様
昨年までは実は自分でやっていました。でもファンの羽根が湾曲しているので裏側に付いた油を落とすのが大変で・・・。
プロは色々な道具を使ってやられるのですね。やっぱり経験が違うのだなと感心しました。
とってもキレイにしていただいてありがとうございました。

他の感想も見てみる

 

 レンジフードのクリーニングで良くあるご質問です

Q、どれ位のペースでクリーニングするのが良いですか?
A、1年に一度が理想です。塗装が剥がれてしまった油取りネット
このペースでクリーニングしていけば、部品が傷みにくく、新品状態を長く保てます。
逆に3年以上放っておいてからクリーニングする場合は油の侵食作用で塗装が傷んでいたり、内部のファンにも錆が出てきます。
例えば汚れを3年間溜め込んでからクリーニングしたレンジフードと毎年こまめにクリーニングして3年経過したレンジフードでは経過年数は同じでも劣化度合いに大きな違いがあります。
写真の油取りネットは黒い塗装が剥がれてきてしまったものです。

Q、分解クリーニングって自分でも出来ますか?
A、気合と根性、時間があれば出来ると思います。でも、それなりに準備と覚悟は必要です。
以前、自分でやったら丸一日かかったけどキレイにしきれなかったというお客様がいらっしゃいました。その方はバイクショップのメカニックで器用な人ですが相当苦労されたようです。また、強力なアルカリ洗剤を使うので注意しないと塗装を剥離してしまいますからリスクも伴います。
それでも「やってみたーい」という人の為に必用な物を挙げておきます。
◆業務用アルカリ洗剤(大型のホームセンターなどで購入できます)、プラスドライ分解したレンジフードバー、スタッビ(極短ドライバー)、プライヤー、防水手袋(ちょっと頑丈なもの)、漬け置き洗い用の入れ物(幅60cmX奥行き40cmX高さ40cm位)、バスマット(外したフードカバーをこの上で洗浄します)、スポンジ(研磨力 弱~中を数種)、ブラシ(様々な形状のものを数種類、要らなくなった歯ブラシも)、スクレーパー(サイズ中、小、金属製、樹脂製数種)、養生用シート(床、コンロ上、キッチン台用、壁面用)、脚立(小)、ウェス(多数)、バケツ(2個くらい)、お湯、水

これくらい用意しておけば様々なタイプのレンジフードに対応できます。中には使わないものも出てくるかもしれませんが不測の事態も考えると必要です。用意が出来たら写真のような状態まで分解してクリーニングスタートです。

 

 

ここには書ききれないこと、ブログに公開しています!