エアコンクリーニングのベストシーズンは?

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日はバタバタの私、前フリなしで本題へ行かせていただきます。(・Θ・;)

お客様から、エアコンはいつ頃クリーニングするのが良いのでしょうか?とご質問をいただくことがあります。

そんな時は 「機械にとって、いつが良いということはありません。いつでも大丈夫です。ですので、お客様のご都合と弊社の予定が合いやすい時期が良いと思います。」 とお答えしておりました。

つまり、エアコンクリーニングが一番盛り上がるのはもちろん夏場ですが、その時期は弊社も含め、どこの業者さんも予定がパンパン。

明らかに需要が供給を上回ってしまうので、なかなかご希望日にお伺いすることができません。

ですので、夏場に差し掛かる前の3月~5月に。(GWを過ぎると徐々に混み合ってきます)

又は夏場が過ぎて、冬場の使用が始まる前の9月~11月に。

その辺りが良いのでは?とご回答してまいりました。

しかし、最近はその考え方に変化が。

ご予約を取りやすい時期、ということについては何ら変わらないのですが、機械にとっていつが良いのか?という部分についてです。

機械にとって一番良いのは、汚れた後になるべく早くキレイにしてあげることが重要なのではないか?と思うようになりました。

何故ならエアコンの汚れとは、多くはカビのことです。

カビが生えたまま放置しておくと、エアコンが傷みます。

カビは生き物ですから、侵食して劣化させてしまうのですね。

アルミフィン(熱交換器)の艶が無くなってカサカサになってしまったり、ボンドで貼ってあるスポンジや発泡スチロールが剥がれてしまったり・・・。

下はカビの腐食作用でドレンパン内部のスポンジが剥がれてしまった例です。
blog_import_59e6bc21b79ca

何台もそんなエアコンに出会ってきました。

特に、近年はお掃除機能付きエアコンに代表されるように、構造が複雑なので、傷む部品自体が多いのですね。

それを防ぐためにも、汚れたら放置せずにクリーニングです。

そして、エアコンが最も汚れるのは・・・、つまりカビが生えるのは夏。

ですので、エアコンクリーニングは夏前の3月~5月よりも、夏が終わった9月~11月がベストシーズンです。

なお、冬はエアコン使わないご家庭、沢山おありかと思います。

そのケースでは、一般的には翌年の夏、使う直前にクリーニングをした方が良いとお考えの方が多いと思います。

その理由は、例えば 「10月にクリーニングしたら、翌年の夏までにまた汚れてしまうから、もったいないわ」 といったお考え。

でも、ご安心下さい。

エアコンは使わなければ内部は汚れません。

動かして部屋の空気がエアコン内を通過することで汚れていくのですね。

でも、エアコンの上にホコリが積もるでしょ?と仰る方もいらっしゃると思います。

ですが、その状態もエアコンが部屋の空気を循環させることで、ホコリが吸い寄せられて起こる現象です。

動かしていないエアコンの上に翌夏までにホコリがこんもりと積もることはありません。

ということで、機械を長持ちさせるためには夏が過ぎたらクリーニング!

今後はこれをお薦めしていきます。

今の季節と無理やり結び付けていないかって?

いえいえ、今になって思いついた訳ではなく、投稿するのにタイムリーな季節になるまで、したためていたんですよぉ。

なお、カビが生えたまま、年を越してしまったエアコンは出来るだけ早くクリーニングをご依頼ください。

そのまま、次の年の夏に突入してしまっては、機械にも、もちろん人間にとっても悪いことだらけです。

それでは、また、よろしくお願いいたします (^_^)/


 

ワールドクリーナーに興味をお持ち下さった方へ。当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。

 

ご料金 自動お掃除機能付きエアコン(各メーカー共通)

■1台:21,600円(税込)です

※富士通ノクリアはXシリーズのみ29,200円となります。普通のノクリアは先の価格です。

通常タイプのエアコンのご料金、使用する洗剤や高圧洗浄の方法につきましてはエアコンクリーニング ドレンパン外すをご覧ください。

 

施工にあたってのおしらせ(必ず読んで下さい)

▶エアコンメーカーが設定している標準耐用年数(9年又は10年)以内の機械が対象となります。

▶エアコン真下を中心に2畳分以上の空きスペースが必用になります。スペース作りは事前に済ませておくようお願い致します。動かせない大型の家具などがあると作業が出来ない場合がございますので、お申込時にお伝え下さい。

▶吹き抜け天井などで通常よりも高い場所に設置されている機械は作業が出来ない場合があります。一般家屋の天井高は2m40cmです。

▶電気と水道を使用させていただきます。

▶外した部品を洗浄するのに浴室をお貸しくださいますよう、お願いいたします。お伺い前よりも汚して帰ることはありませんのでご安心ください。

▶自動車で伺いますので、駐車スペースのご用意をお願いいたします。無き場合は誠に恐れいりますが、近隣の有料駐車場の料金をご負担下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

エアコンクリーニングで良くあるご質問です

Q、クリーニング後に防カビコーティングをしてもらうことは出来ますか?
A、当店はエアコンへのコーティングはしておりません。しない方が良いと考えています。長くなるのでエアコンの防カビコーティングって効果あるの?にまとめました。ご覧下さい。

Q、室外機もクリーニングした方が良いですか?
A、通常の設置環境での汚れ(ホコリが被っている程度)では室外機のクリーニングは必用ありません。エアコンの室外機、クリーニングは必用ですか?にもう少し突っ込んだ内容を掲載しています。

Q、洗剤はどのようなものを使うのですか?
A、当店では主に植物性の洗剤を使ってエアコン本体を洗います。エアコンクリーニングの洗剤のことに当店の考え方など、詳しい内容を掲載しています。

エアコンクリーニング全般 | 全メーカー共通の情報の最新記事5件