エアコンクリーニングの全貌 その1

皆さま、こんにちは。

今日は画像の整理をしています。

ここ2年間くらいのものです。

って、どんだけ整理してないんだ!と言われてしまいそうですがぁ・・・

お許しを(;^_^A

で、今までに紹介しきれていない画像も沢山ありまして、せっかくですから、この機会に印象的なモノを一挙公開!

とりあえず、今回はエアコンクリーニングに関連したものをご紹介させていただきたいと思います。

掲載順は脈絡なく、あちこちのメーカー、部品に飛んだりしますが、ご了承を。

それでは、どうぞご覧くださいませ。

◆東芝のお掃除機能付きエアコンです。

手入れしないまま、使い続けてきたので、部品に錆が出ていますね。

料理中に漂う油煙が吸い込まれやすい環境では錆びが進行しやすくなります。

●パナソニックのお掃除ロボ


送風ファン、アルミフィンともにホコリが多量に付着して、カビが生えています。

非常にマズイ状態ですね。

電気代、バンバン跳ね上がります。

▼こちら、東芝のプラズマ空清集塵ユニット

この部品、10年以上前から色々な機種に使われていますが、何故かワイヤーが切れていることが多いです。

通常はこんな感じでピンと張っています

原因はよく分かりませんが、過負荷によるものでしょうか。

汚れたまま使い続けると、負荷は増大しますね。

★こちらは富士通ノクリア

アルミフィンがホコリだらけです。

風は出なくなりますし、熱交換が出来ないので、冷えないです。

洗い流した汚水です。


何のエアコンかは忘れましたが、どのメーカーでもやがてこうなります。

こちらは2杯目。さっきの1杯目の墨汁状態から少し透明感が出てきました。

そして3杯目。だいぶキレイになってきましたね。

♠お掃除機能付きエアコンの内部に溜まったホコリです。


メーカー忘れました。φ(.. )

これ、放っておくと、そのうち機械の内部で溢れて、とんでもないことになります。

お掃除機能付きエアコンは、自動で何でもしてくれる訳ではありません。

定期的な状態チェックが必要です。

ボクなんかは、機械の構造が複雑なだけに、普通のエアコン以上に手入れが必要だと思っています。

さて、長くなってきたので、また次回に続きます。

それでは、また(^-^)/


ご料金など、クリーニングご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

通常タイプのエアコン

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

エアコンクリーニング全般の最新記事5件