シャープお掃除機能付きエアコン 2011年モデル以降はイイ感じに

皆さま、こんにちは。

寒~い冬でもエアコンクリーニングのご依頼は結構あります。

今日はシャープのお掃除機能付きエアコンです。

2011年モデル(AY-A型)以降から、回収したホコリの処理は、従来通りの自動排出タイプとゴミ箱タイプが存在するようです。

今回の機種はゴミ箱タイプのAY-A〇〇SEです。

透明な青い部品がゴミ箱、この中に回収したホコリを溜め込んでいきます。

どちらのタイプでもクリーニングは必要になるので、こっちがイイなんて評価はせずに、サクサクと分解してクリーニングしていきます。

アルミフィン。

この型はファンも外してドン空状態で洗います。

お掃除メカ。

ドレンパン。

こんな感じで全てバラバラに分解してクリーニングします。

ところで、AY-A型から飛躍的に作業性が良くなったシャープですが、一つ言いたいことが。

樹脂部品にカビや油分が染み込みやすいんです。

画像は洗った後ですが、シミが残っています。

他のメーカーでもありますが、シャープほどではありません。

素材の研究を進めてほしいところです。

ちなみに、洗っても残っているシミは軽く研磨して取り除いていきます。

一手間増えます(・Θ・;)。

それから、ドレンパン。

内部にプラズマクラスターの配線が。

組み込み部品になっているので、配線は外れません。

せっかくドレンパンを外しているのに、ジャージャー水掛けて丸洗いすることが出来ないんです。

残念φ(.. )

ここも改善をお願いしたいところですね。

シャープのエアコン、以前よりもメンテナンス性が良くなってはいますが、あともう少し。

よろしくお願いします。シャープさん!

因みにボクが出会ったことがあるのは2012年モデルまでなので、その後改善されたかどうかは分かりません。

それはさておき、冬場でもエアコンの汚れ、要注意です。

送風口を覗いてカビチェックしてみてください。

それでは、また、よろしくお願いいたします(^-^)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

シャープお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件