シャープお掃除機能付きエアコン SC型とST型について

シャープお掃除エアコン。

AY-Y40SX キレイオン(KIREION)をクリーニングしてきました。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー -AY-Y40SX

3文字目が【Y】は2009年モデルです。

参考までに・・・【T】が2006、【U】が2007、【W】が2008です。

シャープお掃除エアコンの2009年は初めて出会いました。

やっと、やっとやっと・・・紙テープでベタベタと配線を固定するのを止めてくれたみたいです。

本当に、やっと少しだけ作業性がアップしました。(´д`lll)

でも、でっかい一体成型の脱着しにくいカバーはそのまま。

クリーニング業者による不人気投票(?)No.1の座は不動のようです。

ちなみに、今回は2人で4時間半コースでした (泣)

ところで、話は他の機種に変わりますが。。。

当店では現在、シャープのお掃除エアコンの中でもある特定の機種だけ、残念ながらクリーニングをお断りしています。

該当機種は次の二つの型式です。

AY-「アルファベット」「数字」「数字」SC

AY-「アルファベット」「数字」「数字」ST

赤文字の部分が【SC】または【ST】になっている機種。SC型とST型です。

冒頭の写真のように、ここが【SX】だったり、【SV】【SE】になっている機種はクリーニング可能です。

SC/ST型をお断りしている理由は、フィルターのリミットスイッチ】が安全に外せないから

(注:リミットスイッチはフロントパネル用にも付いていますが、そちらではなく、フィルター用です)

いきなり専門用語ですみません。

簡単に説明すると、自動お掃除中にフィルターの動きを感知して、「ここで行き止まりですよー。バックしてくださーい」とエアコンの脳みそに知らせるセンサーのことです。

ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー -リミットスイッチ
写真はエアコンの最上部を斜め前方から見ています。

分かりにくいと思いますが、写真の左側、アルミフィンの頂上の奥に見える黒と茶色の部品がリミットスイッチです。

正面からはアルミフィンが邪魔。

上側は本体キャビネットが覆いかぶさっているので、リミットスイッチに触ることが出来ません。

固定方法はネジ止めです。しかも、精密ドライバーで外す小さいネジです。

もし外す場合、マニュアル通りの正攻法でいけば、ガスを抜いて、ガス循環用の銅パイプ外して室内機を丸ごと壁から下ろす。→アルミフィンをキャビネットと分離する。。。となりますが、その手間、半端じゃありません。

その時点で料金は4万円~5万円。時間は上手くいって丸一日。通常、このレベルの作業は室内機を持ち帰り、都合一週間くらいになるのが普通です。

クリーニングではなく、分解修理(オーバーホール)になります。エアコンの取り付け、オーバーホールの看板を揚げている業者さんでないと出来ません。

残念ながらボクも出来ません。ゴメンナサイ(^_^;)

正攻法ではなく、裏技でやる方法はないのか?

アルミフィンとキャビネットを固定しているネジを外し、ガス循環用の銅パイプは繋いだまま、アルミフィンを半分外した状態にして隙間を作り、リミットスイッチを外す。

アルミフィンをずらすことは他の機械でもやることがあるので、いけそうな気がするのですが、やはり難儀。

フィルターのリミットスイッチは2個付いていて、正面から見て左端に一個。中央に一個です。

左端は何とかいけるかも。。。でも中央は危険。。。

銅パイプの取り回しの関係でアルミフィンを動かすことが出来るのは左側。右側はガタ程度しか動かせません。

だから、中央部分は作れる隙間が小さい。

あまりにアルミフィンを動かすと、銅パイプに負担が掛かりすぎて断裂。ガスがプシューなんてことももしかしたら・・・です。

どこかの業者さんが中央のスイッチも外している画像を見たことがありますが、すごいチャレンジャーだと思います。本気で感心しました。(゚Ω゚;)

でも、危険すぎてボクはやりたくないなぁ。おすすめしません。

これを行って壊れたとしても、「万が一で壊れた・・・」というよりも、「やっぱり、ダメだったか」という次元に限りなく近いのではないかと・・・。

どう捉えるかは、個人個人で見解が異なると思いますが。

では、リミットスイッチを外さずに出来る方法は?

後先が逆になりましたが、そもそも、リミットスイッチに水がかかると故障してしまいます。だから外そうとしているのですが、もしもそのままアルミフィンを高圧洗浄機で洗ったら水が掛かってしまうのは明白。

だから、普通の人はビニールなどでスイッチ周辺を養生することを考えます。

シャープさんに「これ、クリーニングどうするんですか?」と聞いても、申し訳なさそうに(苦しそうに)そのように答えます。

でもね、高圧洗浄機の水圧ってすごいんです。

この位置ではいくら養生しても、まともに洗ったら水が進入します。だから、養生した周辺は高圧洗浄機で狙えません。結果、リミットスイッチ周辺の裏側のアルミフィンは洗ってもコチョコチョ程度。まぁ、洗ったうちに入りません。アルミフィンの全面積のうち、4割は洗えないことになります。

そんな中途半端なクリーニングはやっても意味がない!とボク自身は考えているので、作業をお断りしている次第です。安くない料金を頂戴しているのに、クリーニング率がその程度ではお客様に申し訳ないです。

想像ですが、シャープさん自身もそんなことは分かっているから苦しそうに答えるのだと思います。

これを意味が無いと考えるかどうかは人によって見解が異なるかもしれません。その方法でクリーニングを受けている業者さんもいるかもです。

いずれにしても、このSC/ST型のクリーニングをどこかに依頼する場合は「フィルターのリミットスイッチはどのように処理するか?」聞いてみることをおすすめします。

「そんなこと言われても、汚れているし困っているんです」という人はどうすれば?

正攻法のオーバーホールを大枚叩いて頼むか・・・。

我慢できる限界まで使って、さっさと買い換えるかのどちらかしかないと思います。

普通のエアコンでいいんです。お掃除機能も空気清浄機能も付いていないベーシックなグレードの安価な機械を買ってください。冷暖房にかかわる基幹性能は廉価機種も高級機種も大して変わりませんから。(部屋の広さに応じたパワーかどうかはちゃんと選んでくださいね。)

ということで、シャープさんはクリーニングが必要になった時のことを全く考えていないことが良くお分かりいただけたと思います。

他の全メーカー見回しても、こんなことはないんです。

ところで、【SX】や【SV】【SE】型はこのリミットスイッチが外せる構造になっているので、クリーニングが可能となっています。

それでも「なんじゃこりゃ~?」という状況(冒頭の配線の処理方法や、カバーの外しにくさ)に変わりはありません。

SC型、ST型に限らず、シャープのお掃除エアコンだけはお断り!という業者さんがチラホラいるのはそういった理由です。

ご質問がありましたので、ここにご説明させていただきました。


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

シャープお掃除機能つきエアコンクリーニングの最新記事5件