ドレンパンが外れないエアコンのドレンパン内部の洗い方

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

何とも変なタイトルの今回でございます。

本件は連載企画の一話になりますので、過去記事からご覧いただけますと分かり易いと思います。

ドレンパンを外すことの大切さ

ドレンパンは一か所ではありません。裏側にもあるんです

過去二回では、外すことが出来る前側のドレンパン。そして、外すことが出来ない裏側のドレンパンについてお話しさせていただきました。

次いで今回は前側も外すことが出来ない機種についてとなります。

前側も外すことが出来ないというのは、前側のドレンパンもキャビネット全体と一体成型で造られているからです。

その場合は裏側のドレンパンを洗う時と同じ要領で、アルミフィンを持ちあげます。

IMG_7100

 

中にカビが見えますね。

IMG_7102

 

高圧洗浄機を挿し込んで洗います。

IMG_7817

 

それで、この時にこのドレンホースを外すか・・・、

IMG_7315

 

はたまた、もう片方のドレンコックを外すかして、水流れを良くして洗うことが必用です。

IMG_1481

 

外さない場合は、全ての洗浄水がドレンホースから流れていくことになりますが、長いドレンホースからの排水では勢いが足りず、ドレンパン内のドロドロやカビの塊が残りがちになってしまいます。

外して洗ってあげれば、このようにドレンパン内に発生したスライムも流れ出てきます。

ElY75LxXIAEnlE-

 

さて、ドレンパンにつきましては、今回で一旦終わりにします。

と言うのも、ここまででエアコンの全体的な構造、特にドレンパンについてはかなり詳しく知ることが出来ました。

今回の前も後ろも外れない機種につきましては、更に奥深い所もあるのですが、それにつきましては、また時を改めて。

それよりも先に、次回はアルミフィンの構造と洗い方について、深い所へご案内させていただきたいと思います。

それでは、また、よろしくお願い致します。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事7選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.送風ファンの洗い方で一番大切なことって何?
5.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
6.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
7.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

お掃除機能付きエアコン全メーカー共通の情報 | エアコンクリーニング全般の最新記事5件