富士通ノクリア、2年ぶりでリピートクリーニング

皆さま、こんにちは。

オリンピックも始まり、高校野球も甲子園で盛り上がっております。

それらも興味津々ですが、私的一大事と言えば、何と言ってもイチロー選手のメジャー3000本!

いやー、朝からTVかぶりつきで見ていた甲斐がありました。

本日、ついに達成です。

サングラスの下に涙らしきものが見えておりました。

日頃、苦労や辛さを表に出さないイチロー選手ですが、その裏にある、並々ならない、本人だけの想いがあふれ出たのでしょう。

おめでとうございます。

次は4000本目指して頑張ってし欲しいです。

さて、本題に。

今日も富士通ノクリアについてです。

イチロー選手の3000本に対して、私のノクリア通算クリーニング台数と言えばぁ・・・・

って、そこを比較するなぁ!と声が聞こえてきそうです。

いやいや、申し訳ありません。話の流れなので気にしないで下さい(^o^;)

で、一台づつは数えていないのですが、各メーカー合計、お掃除機能付きエアコンの総台数はカウントしております。

昨日現在で542台。

その内、最も多いのが間違いなくノクリアで、半分以上を占めているはずです。

同じ機械を2度クリーニングしたことも、幾度かあります。

今回はそんな事例です。

2012年製のノクリアを一度目は2014年にクリーニングして、先日2度目のクリーニングをさせていただきました。

ガッポリ外してみると、カビが生えているのがよく分かります。

こちらは、アルミフィンと送風ファンを高圧洗浄した汚水です。

ホコリが浮いて、真っ黒いのが一杯目。透明のが五杯目。

40リッター以上の洗い流しが必要でした。

前回のクリーニングから2年経過でこの状態。

しかも、ほぼ完ぺきにクリーニング出来るガッポリ外し(完全分解)でのクリーニンを行っていても、ここまで汚れが進みます。

ガッポリ外し以外でのクリーニング方法では、もっと深刻な状態になっていたはずです。

クリーニング後、次にまたカビが蔓延してしまうまでの期間は、クリーニング方法によって、大きく異なります。

何故ならクリーニング方法が違えば、そもそものクリーニング率(回復率)自体が異なるからです。

クリーニング率が低ければ、つまり汚れの取り残しがあれば、次に蔓延するまでの期間は、おのずと短くなります。

当社のクリーニング料金は、表面的な金額だけを比較すれば、業界平均よりも高額です。

それはもちろん、クリーニング方法が違うからです。

内容まできちんと比較していただければ、当社のサービスはお値段以上であることにお気づきいただけると思います。

これから夏休みの方も多いと思います。

クリーニングをお考えの方、ちょっとお時間を割いて、各社の内容を比較してみてください。

毎年の傾向ですが、梅雨が明けて、猛暑期間が訪れると、表面的な部分だけを見てのお問い合わせが増えてきます。

猛暑中は、いよいよエアコンがダメになって、『とにかく早く!そして安く!』 というお気持ちが強くなってしまうからだと思いますが、そんな時こそ是非、冷静なご検討をお願いしたく存じます。

当社、お盆期間中もモリモリ営業しております。

ワールドクリーナーの拘りに目が留まりましたら、どうぞお問い合わせ下さいませ。

それでは、また、よろしくお願い致します(^-^)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

富士通ノクリアお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件