富士通ノクリアの【ガッポリ外し】とは完全分解クリーニングのことです

皆さま、こんにちは。

今日は久しぶりに富士通のお掃除機能付きエアコン、ノクリアのクリーニングについてです。

「自動お掃除機能付きなのにクリーニングが必要なの?」という疑問については、過去数年に渡り、「実際は自動お掃除できていないんです!」と繰り返してきたので、今回はそこはパス。

クリーニングの方法をメインにお話ししたいと思います。

当店、いつのころからか、ノクリアのクリーニングについては【ガッポリ外し】で行うようになりました。

ガッポリ・・・?

あ、スミマセン、唐突な表現。

ノクリアのガッポリ外しとは?

送風口、送風ファン、ドレンパンが丸ごとガッポリ外れるのでガッポリ外し。

t02200293_0800106713212833141

壁側に残るのはアルミフィンだけになります。
t02200293_0768102413212829955

この構造は他メーカーには無い、ノクリア独特の特徴です。

ちなみに、ここまで分解して行う手法、完全分解と呼ばれています。

ガッポリ外しの方が呼びやすいので、ボクが勝手にそう言っています。
他メーカーのエアコンのところで、ドレンパンを外して洗うことが大切です、と繰り返してきました。

ノクリアの場合は、ドレンパンを外そうと思うと、その特徴的な構造故、ガッポリ外すことになる訳です。

ガッポリ外す為には、それだけ手間が増すことになります。

こちらは外した部品イロイロ。
t01650220_0165022013212909156

外してみれば、ドレンパン内部は、やはりヘドロチックに・・・
t02200293_0800106713212831433

アルミフィンと、ドレンパンの接触部分にもドロ~っと。。
t02200293_0800106713212831432

まあ、こういう感じなので、やはりノクリアの場合はガッポリ外しが宜しいかと。

今はお掃除機能付きのエアコンクリーニングに対応している業者さんも増えてますが、ノクリアをガッポリ外してクリーニングするかどうかは様々です。

調べていけば、ガッポリの場合とそうでない場合、料金の設定にボーダーラインがあることがお分かりになると思います。

いつも申し上げることですが、人が手間をかけて行う仕事ですから、何故料金が違うのか?容易に想像できます。

安価なものに飛びつく前に、ちょっと立ち止まって考えていただけますと幸いです。

 

ガッポリ外しが出来ないケース

それと、残念ながらガッポリ外すつもりはあっても、そうは出来ない場合があります。

取り付け側に問題がある場合です。

【問題その1】

メーカーが設定している、取り付け寸法が守られていない場合。

❶右の壁にピッタリだとNG
t02200293_0250033313212831431

右側には電装基盤があり、配線を全て外す必要があります。
t01650220_0165022013212909457

右側ピッタリでは外せません。

ノクリアの年式・タイプによりますが、右側には最低でも、こぶしを左右にガコガコ動かせるくらいの隙間が必要です。

❷左側もピッタリだとNG

右側ほどではないにしろ、ネジを外す必要があるのでピッタリではやはり不可です。

そうですね、5cm位は欲しいです。1cmとか2cmではちょっと無理ですね。

❸下側に障害物があるとNG

カーテンレール、カーテンボックス、動かせない本棚などが直下にあるとガッポリできません。
t01650220_0165022013212916322

カーテンレールについては、外してガッポリすることも可能ですが、その場合は脱着分の工賃を別途頂戴することになります。

もろい壁に直接ネジを打ち込んでいる場合は、一度外したら取り付けできなくなってしまうので、あくまでも現場で確認しながら、ということになります。

【問題その2】

左出し配管で、ぎゅうぎゅうに引っ張って取り付られている場合。

なんのことやら?だと思いますので、まずは左出し配管の画像をご覧ください。
t02200293_0800106713212829960

続きまして右出し配管。
t02200293_0768102413212829956

つまり、冷媒用の配管を向って右側から屋外へ出しているか、左側から出しているかの違いです。

どちら側から出すかは、住宅側の都合で決まる訳で、建物に合わせた出し方が採られますが、問題が起こるのが左出しの場合。

たまに、配管をぎゅうぎゅうに引っ張って取り付けてある機械に出会うことがあるのですが、そうするとガッポリ出来なくなってしまいます。

ガッポリ外しは下方向にすべり出させるように外すのですが、配管との隙間があまりにも無さすぎると、ガッポリする部品が引っかかって外せません。

配管を引っ張り過ぎると、90度に折れ曲がっている部分の余裕が無くなってしまうのですね。

普通はそこまで引っ張る必要も無いですし、そうでなければ問題無くガッポリできるのですが、、、そういう時はトホホな気分になります。

【問題その3】

ベースプレート(背板)の取り付けに不安がある場合。

ベースプレートとはエアコン本体を壁に設置するための金属板のことです。

こちらの画像が分かり易いかもです。

t02200220_0220022013212909653

アルミフィンが付いている状態ですが、その裏側の金属板のことです。

エアコンはこの金属板を壁にねじ止めで固定して、そこに引っ掛けて設置します。

当然、壁の材質に適したねじ止めをしなければならないのですが、今までの経験で、そうでない場合がありました。

酷いときにはエアコンカバーを外そうとしただけでネジが抜けてきたこともあります。

ガッポリ外しは、そうでない場合に比べれば多少多めに力を掛けますが、もちろん通常通りに設置されていれば、ガッポリしようが、仮にもっと力を掛けようが、ベースプレートを止めているネジが抜けてくることなどあり得ません。

そもそも、ガッポリ外せる構造は富士通さんが故障したときの修理を容易にするために、わざわざそうしています。

ネジが抜けてくるのは取り付け業者さん側の問題ですね。

まぁ、ボクの経験でもネジが抜けてきたのはノクリア以外の全エアコン含めて2台か3台だったと思いますので、そうそうあることではありませんが、中にはイロイロな取り付け業者さんがいるということで。

ところで、そのネジが抜けてきたエアコン、ガッポリ外しとは全く関係ない工程で起きたことです。

住宅の壁もしっかりしているモノから、そうでないモノまでイロイロありますから、取り付け業者さんも大変だと思います。

クリーニング業者と同じく、経験を積んだ適応力のある取り付け業者さんに設置をお願いしたいところですね。

さて、話がそれましたが、その取り付けに不安を感じた場合はガッポリを諦めざるを得なくなります。

その判断はマチマチですが、実際に完全に抜けてしまってからではどうしようも無いので、作業を進めながらお部屋の壁の感じ、ベースプレート以外の配管のテーピングや、配線の処理などを見て、丁寧な設置がされているかなど、全体の雰囲気から判断することになります。

長くなりましたが、ガッポリできない場合というのは、大体そんなところです。

 

お客様へのお願い

あ、それから最後にもう一つ。

これはお客様へのお願いになるのですが、エアコン下に置いてあるTVなどが動かせない場合はガッポリできません。

そのあたりの環境は事前に整えていただくようにお願い致します。

ガッポリは外す部品が多いだけ、エアコンに対してイロイロな方向からアプローチする必要があります。

脚立を右に左に・・・。

通常の分解時以上にフリーな空きスペースが必要なことをお伝えさせていただきます。

基本的に、エアコン下は空いていないと、通常の分解クリーニングも不可になりますので、ご対応の程、よろしくお願い申し上げます。

それでは、また(^-^)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

富士通ノクリアお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件