おそうじ本舗さんのエアコン完全分解クリーニングは完全分解ではありません。

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

ネット上に、おそうじ本舗さんからダイキンと東芝のエアコンは完全分解クリーニングは対象外と言われたのですが何故ですか?と言った質問が上がっています。(当社調べで富士通も対象外です)

未だに正しい情報が出ていないですし、ご本家に聞いても本当のことは教えてくれる訳も無く。。。
また、当社には対象外と言われたメーカーも出来るんですか?と、お問い合わせを多数いただいておりますので、これを機に代わりに私が回答します。

先ずは衝撃の結論から。

おそうじ本舗さんの完全分解クリーニングというのは、そもそも完全分解ではないからです。

あれは完全分解クリーニングではなく、ドレンパン&送風ファン分解クリーニングと業界では呼んでいます。

完全分解と呼ばれるのは、背抜きのことです。

背抜きであれば、おそうじ本舗さんに断られたメーカーも完全分解クリーニングが出来ます。

 

背抜きって何?おそうじ本舗さんのと何が違うの?詳しく解説していきます。

こちらが背抜き。本物の完全分解。

IMG_9069

 

こちらはドレンパン&送風ファン分解。おそうじ本舗さんの言う完全分解。

IMG_2382

 

もう一度。背抜き。

IMG_9634

 

ドレンパン&送風ファン分解。

DSCN0523

 

↓つまり、エアコン全体が納まっているボディまでを取り外すのが背抜きであり、完全分解と呼ばれる手法。

エアコン断面図7

 

↓ボディは外さずに、ドレンパン&送風ファンまでを外すのが送風ファン分解。

エアコン断面図6

 

そして、ダイキン、東芝、富士通の3メーカーは、おそうじ本舗さんが完全分解と呼んでいるやり方、つまり送風ファン分解は出来ない構造になっているのです。

↓ボディ全体とドレンパンまでが繋がっている一体構造なので、送風ファンとドレンパンを外そうと思うと、ボディを丸ごと外す(背抜きする)必要があり、それを行う技術はおそうじ本舗さんには無いと言うことです。(本部の政策とは関係なく、一個人として行っている店舗さんはごく少数あり)

IMG_9447


 

一方、パナソニック、日立など、他メーカーはボディ全体と、ドレンパンが別構造です。

IMG_8651

 

おそうじ本舗さんが完全分解というサービス名で請けているメーカーというのは、こちらのタイプだけで、ボディは壁側に残して、送風ファンとドレンパンまでを外して作業しているという訳です。

IMG_7162

 

 本舗さんは完全分解という名称で請けているメーカーも、実は完全分解していません。

ここまでお読みになると、スルドイ方は、そうしたら完全分解として請けているメーカーも、実は完全分解しないで洗っているということ?って思いますよね。

そうなんです。仰る通りです。

パナソニックや日立も、ボディ全体を外す背抜きが出来ます。

IMG_9873IMG_8737

 

業界のトップランナーの間では、おそうじ本舗さんが完全分解と称して請けているメーカーも、ここまでやって初めて完全分解と呼ぶのが慣例になっています。

繰り返しになりますが、今では完全分解と言えば、背抜きのこと。背抜きと言えば、完全分解のこと。

取り違いされない様に、合わせて背抜き完全分解と呼んでいます。

これからは、この【背抜き完全分解クリーニング】をお知り置きいただきたく存じます。

なお、おそうじ本舗さんのコマーシャルでは、今までのクリーニングでは取り切れない汚れが30%残っているんです!と謳っていますが、本舗さんの言う完全分解クリーニングでは、その30%のうちの更に半分は落とせません。

分かりずらいと思うので、こんな表現でご説明いたします。

新品のキレイさを100%としたときに、おそうじ本舗さんのやり方でのクリーニング率(回復率)は、80%~95%。

背抜き完全分解の場合は93%~98%といったところです。

それぞれ率に幅が生じるのは、機種による構造的な影響、どれ位汚れている状態でクリーニングをご依頼されるか?によります。
めちゃくちゃ汚れていれば、やはりクリーニング率は低めになってしまいます。汚れを貯め続けたエアコンは傷みも進んでますしね。

一度使ったエアコンである以上、部品を交換しない限りは何をしても100%とはならないのですが、背抜きの場合は下限でも93%、かなり上まで持ち上げることが出来ることにご注目ください。全てを外す背抜きだからこそ、どんな汚れ具合であってもクリーニング率が安定するんですね。

なお、同じ状態のエアコンを洗い比べた時に、両者のクリーニング率が逆転することは絶対にありません。

 

本舗さんの言う完全分解では落とせない汚れの代表例。

①エアコンボディの背面側。壁と接する面です。

IMG_9804

壁は屋外から熱せられ、冷たいエアコンボディとの温度差が大きくなるので、背面側でも結露が生じてカビが生えます。

 

②奥側のドレンパン内部。

IMG_9074

 

赤で表示した所が奥側のドレンパンです。

エアコン断面図6

 

③アルミフィンの一部。上の画像の奥側ドレンパンと、アルミフィンが重なっている部分を指します。

現物だとこんな感じです。

IMG_8099

 

どこまでエアコンの構造が分っているかが、仕上がりを決めます。

また、ここは非常に大切なポイントになりますが、日頃背抜き完全分解で作業をしている人間と、そうでない人が、仮に送風ファン分解で作業し比べた場合、洗えないと評した部分も違いが出ます。

何故なら、背抜きを行っている人たちは、ボディの形状がどうなっているかまで全て把握できているので、送風ファン分解だったとしても、工夫しながら隠れている部位も、あるレベルまでは洗うことが出来るのです。背抜きしていない人達は見たことがないので分からないことです。

IMG_8097

 

最後に

如何でしょうか、このように送風ファン分解を完全分解と宣伝してしまう是非については、規格がある訳ではないので、自由と言えばそれまでですが、知っている人からすればちょっと恥ずかしい。

もう少し申し上げれば、モラリティが足りない・・・とは思います。(何故なら彼等自身もその件について知らないはずがないんですよ。事情はゴニョゴニョで言えませんが、知りたい方にはお伺いした際にお話しします。)

おそうじ本舗さんは今年から(2022年から)完全分解という名の送風ファン分解を始めましたが、既にダイキン、富士通、東芝で申し込んだものの、出来ませんと言われ、探し直して当社に背抜き完全分解をご依頼いただいたケースが相当台数あります。

それ以外のメーカーにつきましては、それが完全分解だと受け止めたまま、おそうじ本舗さんにご依頼されている利用者様が殆どだと思いますので、これを機に本物の完全分解とは何なのか?ご理解いただけましたら幸いです。

せ・ぬ・き

覚えて下さいね。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

【追記】

↓おそうじ本舗さんの完全分解クリーニングは、結局、当社のメニューで言えばハイグレードの送風ファン分解相当ということになります。上記での説明通り、当社は背抜きも行っているので、送風ファン分解であっても、よりクリーニング率を上げることが出来ます。それも含めてお値段比べてみて下さい。高圧洗浄機だって全然違いますよ!。もちろん、プレミアムプランは更に最高です(^O^)

当店では三つの手法でエアコンクリーニングをご提供しております。店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など詳細は各々のページをご覧くださいませ。

プレミアムプラン ▶▶背抜き完全分解クリーニング
ハイグレードプラン ▶▶送風ファン分解クリーニング
スタンダードプラン ▶▶ドレンパン分解 お掃除機能付き

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事7選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.送風ファンの洗い方で一番大切なことって何?
5.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
6.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
7.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

お掃除機能付きエアコン全メーカー共通の情報 | エアコンクリーニング全般の最新記事5件