知らずのうちにECOエアコンが浪費エアコンになっています

皆様コンニチハ。

お掃除機能付きエアコンのクリーニングをしてきました。

ご依頼にあたってはエアコンからの異臭とフィルターを通り越したホコリがアルミフィンにベッタリ・・・とのことから。

下の画像は別のお宅の物ですが、自動掃除機能に任せっきりだとこんな感じになってしまいます。

ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー -アルミフィンのホコリ

裏ごしフィルターになってしまうのです。

これは日立のお掃除エアコンですが、これでもホコリの集塵能力は高いほうだと思います。

ボクの経験で言えば、1番はパナソニック(ナショナル)、2番が日立、東芝だと思っています。

それでもフィルターを通り越したホコリがだんだん積もって写真のような状態になってしまうんですね。

こうなると臭うのはもちろんです。

運転時はホコリが邪魔になり、空気抵抗が増します。

そうすると、風量が下がります。

また、表面が不純物で覆われていれば熱交換も出来なくなります。

そうすると・・、「暖まらないなぁ~(冷えないなぁ~)」となります。

そうすると・・・、通常時よりも風量設定を上げたり、温度設定を上げたり(下げたり)することになります。

そうすると・・・・、通常時よりもエアコンへの負荷が高くなります。

そうすると・・・・・、エアコンの寿命が縮まっても不思議はありません。

汚れているがために、エアコンは常に必要以上の重労働を強いられているわけです。

また、エアコンにとってのゴハン(エネルギー)は当然のことながら電気。

重労働を強いればそれだけたくさん食べる=消費電力がアップします。

ECOエアコンのはずがいつの間にか浪費エアコンになっているかも。

ご自宅のエアコン、チェックしてみてくださいね。(‘-^*)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

全メーカー共通の情報の最新記事5件