日立お掃除機能付きエアコンのクリーニング RAS-Z56E2

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日は日立お掃除機能付きエアコンの2015年モデルからRAS-Z56E2という機種を取り上げたいと思います。

後ろから二番目のアルファベット【E】が2015年モデルの略号です。ここが【D】ならば2014年、【C】ならば2013年モデルとなります。

【56】はパワーランクで、他にも【22】とか【40】とか、設置するお部屋に応じたパワーランクがあります。どのパワーランクでも室内機の造りは同じです。

パワーランクの前の【Z】はシリーズ名です。同じ年度でも廉価シリーズから高級シリーズまで、日立あたりの大メーカーだと四つか五つのシリーズがあります。

で、今回の【Z】は上から2番目の準フラッグシップモデルです。

同じ日立のカテゴリの二つ前の記事では最上級の【X】シリーズを取り上げました。

【X】と【Z】はルーバーが三分割か、一枚かの違いがあります。それ以外は同じようですね。
IMG_7907

前面基盤であること、配線があっちからこっちへ、右往左往するかのように通っているのも同じです。
IMG_7910IMG_7912

さて、機種の説明はこれくらいにして、クリーニングの様子へ進みます。こちらのエアコン、お仏壇の線香、それから喫煙の煙で、アルミフィンが茶色く汚れています。最初の動作確認時もそういう臭いが漂ってきました。
IMG_7917

こちらは洗浄後、アルミ色に戻りました IMG_7923

ところで、これは今まで何千台のエアコンを洗ってきた経験から感じることなのですが、喫煙環境下のエアコンって全体的な汚れの進み具合に対して、カビの生えている量が少ないような気がしています。

タバコのヤニってカビも恐れをなすほど毒害があるのではないでしょうか。

今回のクリーニング、お孫さんが生まれてからエアコンの汚れを気にするようになったということで、お婆ちゃんからお電話をいただきました。

ご依頼のパターンとして良くあることです。

私的には「お任せください。スッキリときれいにします!」と肝に銘じながらクリーニングをするのですが、もう一つの思いがありまして。

それは「お爺ちゃん、タバコ吸うの止めて~」ということです。申し上げは致しませんが・・・(^o^;)

個人的には受動喫煙対策について、店舗内の条例だけでなく、家庭内も含めた法整備をドンドン進めて行くべきだと考えております。

こちらはドレンパンを外した内部の画。結露水にタバコのヤニが溶け込むので茶色く染まっています。
IMG_7913

まだ3年目の機械ですが、クリーニングは去年に引き続き二回目とのこと。

ちなみに、去年クリーニングした業者さんはドレンパンは外していません。

こちらの画像でそれが分かります。下の部分(白いところ)にカス汚れが沢山くっついていますね。ここは送風口と接していて、ドレンパンを外さないと見えない場所です。そのまま洗浄すると、この隙間に汚れが入り込んで取り残されてしまうのです。それについてはシャープの事例ですが、こちらの記事が分かり易いと思います。
IMG_7914

お問い合せの時に「料金、結構高いんですね」と仰っておられましたが、そこは作業内容が違うからとご理解いただいてのご依頼となりました今回のクリーニング。

作業後にはタバコ臭の消えた風を受けながら、「来年もまた、お願いします」とのお言葉を頂戴することが出来ました。

こちらこそ、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

日立お掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件