AN63PRP ダイキン うるさら7 背抜き完全分解クリーニング

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

最近、ダイキンの話題が続いています。

先日の背抜き完全分解クリーニングの記事を見て、ご依頼くださりました。謝

機種は AN63PRP。 2013年モデルとなります。

うるるとさららは、いわゆる【うるさら7】以降、送風ファンだけ外すことは出来ない構造です。ドレンパンも単体では外れないのも伝統です。

今回のお客様は、数年前に大手さんにクリーニングを頼んだものの、仕上がりに満足できず、今回は送風ファンを外してクリーニングしてくれる業者を探して、当社に辿りついたとのこと。

それで、送風ファンを外してクリーニングする為に、今回は背抜き完全分解でのご用命となりました。

それでは、早速見て行きましょう。

化粧カバー、電装基板、お掃除メカユニット、換気口(加湿口)、ルーバーユニットなどを外した状態。

IMG_5989

世の中で行われている、うるさら7のクリーニングの内、70%くらいがこの分解状態で。29%がこれ以下の分解。背抜き完全分解は1%以下だと思います(この業界に長く居ての感触だけですが・・・)

分解状態がクリーニングの仕上がりに大き過ぎる影響を与えるのは、過去にご紹介してきた通りとなります。


 

次に、ここから背抜きの状態へ持って行きます。結構緊張します。慣れてしまえば・・・と言えば、それまでかもしれませんが、気に掛けるポイントが同時に複数発生します。それを無意識のうちにチェックできるようになれば、慣れたということなのでしょう。ですが、どんなに慣れたとしても・・・重い。うるさらのアルミフィンは、他機種と比べて狂気の重さです。

an63prpsenuki

 

こちらは外したほうです。重量比で言えば、こちらの方がまだ軽いかな?。

IMG_6004

 

重さの話はさておき、前側のドレンパンのカビ。送風ファンは羽の内側にカビが生えていきます。共々強烈です。

IMG_6002

 

後ろ側のドレンパンも同じく。画像上側の四角い穴は、下面から吸い込んだ空気の出口です。

IMG_6006

 

もう少し見易いように。下からの吸入は、うるさら7のウリの一つですね。下から吸い込む=ホコリの入り込みの量も必然的に多くなる印象です。普通のエアコンは上からだけですから、容易に想像できますね。

IMG_6005

 

下面側はこんな感じ。画像の下側がその吸入口ですね。この画像、送風ファンのカビの具合も良く分かります。

IMG_6008

 

ここからはアフターです。丁度アフタヌーンになり、日も差し込んで余計にキラーンとしていますw

IMG_6018IMG_6019IMG_6022IMG_6020

 

アルミフィンも美しい。日差しの関係で必要以上にキレイに写ってますねw。まるでレフ板使っているみたい。そこを差し引いても、ビフォと比べると、所々黒ずんでいたのが無くなったのが分かります。

IMG_6030

ところで、方々凹んでいますね。こういうのって、メーカーや機種によって、工場で作った時点でこうなっている物、ピシッとしている物、存在します。まあ、この程度ならば性能に影響は無いですが、それでも、こういう所も気になる方は、やっぱり霧ヶ峰です。全メーカー通して、モデルに関わらず、個体差も無く、一番ピシッとしているのは三菱電機かと。

ダイキンのコーナーなのに脱線しました。内側も同様に✨

IMG_6031

 

こちらはアルミフィンを高圧洗浄した汚水です。背抜き完全分解では送風ファンやドレンパンはアルミフィンとは別に洗いますので、バケツには溜まりません。TVで良くやっている「うわ~、真っ黒~」っていうのは、分解せずに洗って、送風ファンの汚れもバケツに落ちた汚水なので、これとは意味が違います。時々、背抜きで洗った水を見て、「それ程でも無いですね」って、残念そうに(?)仰る方がいらっしゃいますので、お知らせしておきます。でも、今回はじゅうぶん真っ黒です。

IMG_6032

 

さ、ここまで来れば後は元通りに組み立てれば終了です。といっても、ここまで分解した物を組み立てるのも、それなりに時間掛かります。(^^;)

背抜完全分解では、各部品が全部バラけているので、古くなったグリスも除去して、新たに注油。 動きが良くなり、長寿命化に繋がります。

IMG_6023

 

それと、今回は経年劣化でネジが錆びて頭が無くなってしまっている所もありました。回せないIMG_6011

 

結果、2本で40分超過です。IMG_6033

 

再利用不可なので、組み立て時は新しい物に交換しておきました。このネジがここまで錆びてしまった原因。経年劣化もあるのですが、前回のクリーニングの影響もあったかなあ・・。

IMG_6025

背抜き完全分解クリーニングは単なる洗浄だけではありません。

調子が悪くなる前の歯の検診、歯石取り、虫歯があれば初期段階で治療する。

そんなイメージを持っていただけると宜しいかと思います。

それでは、また、よろしくお願い申し上げます。(^_^)/

ダイキンの背抜き完全分解クリーニングは、機種によってご料金が異なりますので、型式をご確認の上、お問い合せ下さい。

機械の下にF、又はANで始まる番号が書いてあります。

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご依頼への全体的な事柄、標準作業のご料金は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事7選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.送風ファンの洗い方で一番大切なことって何?
5.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
6.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
7.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

ダイキンお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件