シャープお掃除機能付きエアコンのクリーニングAY-C40SX

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

室温25.8℃ 湿度50%

昨日、今日とすっかり涼しく、シャキシャキ動ける天候になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

だる~い夏場から先送りしてきた事も、このタイミングでサクッと片づけていきたいところですね。

え!そんなに先送りにしていないですって?

あらら・・・大変失礼しました。私などは先送りイロイロありまして、お恥ずかしい限りです(///∇//)

先送りにしていたのはプライベートなことで、仕事のほうは暑さにヒーコラ言いながらも、キチンとしておりました。って当たり前か(笑)

それはさておき、本日はシャープのお掃除機能付きエアコン AY-C40SXのクリーニングです。

3文字目の【C】は2013年モデルの略号です。

シャープの2013年モデルのお掃除機能は全てのシリーズがゴミ箱方式になっています。IMG_8131

先ずはお掃除メカと表側のドレンパンを外します。IMG_8136

そうするとアルミフィンがむき出しになります。IMG_8140

次に左側の固定を外して持ち上げます。IMG_8141

こうすることで、裏側のアルミフィンと、外すことが出来ない裏側のドレンパンの間に隙間を作り、よりキレイにすることができます。
IMG_8145

端っこだけしか写真を撮ることができませんが、裏側のドレンパンの中にアルミフィンが入り込んでいるのが分かりますね。
IMG_8144

写真では解説に限界があるので、図解を入れておきます。
エアコン断面図

こちらは送風ファン。5年目のエアコンはカビだらけです。IMG_8137

こうして高圧洗浄できる準備を整え、アルミフィン、送風ファン、キャビネット、裏側のドレンパンを洗い流します。今回は40リッターで納得できるキレイさが得られました。
IMG_8154

エアコンをどこまでキレイに回復させることができるか?邪魔になる部品を外してブラインドになる部分を減らすこと。じゅうぶんな水量を使って、時間を惜しまずに洗い流しを行うことで大部分が決まります。

つまり、同じ40リッターを使ったとしても、ソコソコの分解しかしていなければ、それなりの回復率しか得られません。

逆にしっかり分解しているのに、時間を惜しんでソコソコの水量で洗い流しを終えてしまえば、やはりそれなりの回復率しか得られません。


ところで、こちらのエアコン、過去に謎の水漏れがあったそうです。

三回に及ぶメーカー出動の結果、本体キャビネットのひび割れが原因で裏側のドレンパンから水漏れしていたことが分かったそうです。

とても珍しいトラブルで一般的にはまず起こらないと思います。それだけに原因究明に時間が掛かったのだと思います。

結果、本体を丸ごと壁から降ろしてキャビネットを交換したそうですが、その水漏れの痕跡がこんな所にも残っていました。

こちらは表側のドレンパン。このように内部にカビが生えるのは普通のことですが・・・
IMG_8132

ヨッコイショと裏返してみると、こんな所もカビだらけ!
通常、この部分にこんなにカビが生えることはありません。長期にわたり、キャビネットから漏れた水が伝滴り続けた結果、このようになってしまったのですね。IMG_8148

そんな時にも日頃からドレンパンを外してクリーニングしていれば、丸ごと塩素消毒してスッキリさせることができます。
IMG_8149

当店の豊富な経験と丁寧さを体験してみたい方、いらっしゃいましたらご連絡お待ちしております。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

シャープお掃除機能付きエアコンクリーニング AY-D56SX ドレンパン外します

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

今回はシャープのお掃除機能付きエアコン AY-D56SX のクリーニングです。

今年はシャープのご依頼がとても多かった印象があります。当ホームページでも相当数ご紹介してまいりました。

その度に型式の読み取り方をご説明申し上げておりましたので、そこはご精通の方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、今回もまた、そこから始めます。(笑)

アルファベット【D】は年式記号で2014年モデルであることを表しています。

【SX】はシリーズ名でシャープのトップグレードです。【56】はパワーランクで他にも40や63等沢山ありますが、機械の構造は同じでクリーニングの様子もまた、同様となります。

さて、こちらの機械は今回が初めてのクリーニングで、新品から数えて4年~5年経過しています。

使用頻度は高く、ペットがいるので夏場は24時間フル稼働。お出かけの際にも点けっぱなし、とのこと。

つまり、エアコンにとっては辛く、とても汚れやすい使用環境です。

それでは汚れ具合を見ていきましょう。

送風ファンは何じゃこりゃ!という状態です。これはもう、究極的な汚れ具合のレベルに達しています。
DSCN0920

 

ドレンパンの中もキテます。カビもすごいですけど、それよりも汚物が目立ちます。こういう色になっているのは珍しいです。
DSCN0913

 

プラズマクラスター発生装置もこの状態。空気清浄がどうこうと言っていられないレベルです。
DSCN0915

 

お掃除メカの裏側もカビだらけ。カビの生えやすい個所ではあるけども、こんなに生えている個体はやっぱり珍しいです。
DSCN0921

 

高圧洗浄した汚水、一杯目。
DSCN0930

 

二杯目でもこんなに真っ黒。
DSCN0923

 

三杯目と四杯目の画像はスキップしてこれは五杯目です。まだ濁っています。
DSCN0925

 

六杯目。ふう~、やっと納得できるキレイさまで辿り着きました。
DSCN0931

 

さて、納得のキレイさは得られたものの、各部の劣化が激しい今回のエアコン。汚れを放置してきたツケはあります。特にドレンパンの中とその周辺は顕著で、汚物の影響で変色してしまい、元には戻らなくなってしまいました。
DSCN0926

 

エアコンクリーニングの適正タイミングは2年毎です。多くのご家庭でリビングに設置したエアコンの5年間は汚れ過ぎの状態になってしまうもの。

今回の機械も2年経過時であれば、変色してしまうようなことも無かったはずです。いえ、機械の劣化だけでなく、人間の健康のことも考えれば、毎年のクリーニングが必用と思える状態でした。

皆さまのエアコンは何年目でしょうか?送風口をライトで照らして汚れ具合をチェックしてみてください。

それでは、また、よろしくお願いいたします。 (^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン