三菱霧ヶ峰 MSZ-ZW6316S のクリーニング

 

皆さま、あけましておめでとうございます。ワールドクリーナー坂井でございます。

昨年中はリピーター様も、ご新規様も、沢山のご利用を賜り、誠にありがとうございました。

ご新規様には、また当社をご用命いただけるように、リピーター様には、またまたリピートいただけるよう努めさせていただいたつもりでございます。

本年もまた、同じ心構えで取り組んで参りますので、引き続きお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

さて、12月中は年末大掃除の季節ということでバタバタし、このブログは一度も更新せず終いとなってしまいました。

ということで、久しぶりの投稿となりますが、年初一回目の話題は私の一番好きなエアコン、三菱霧ヶ峰であります。

一番好きということは、一番良いエアコン。一押しのエアコンということです。エアコンのメンテナンスに携わっている方々ならば異論はないと思います。特定のメーカーとしがらみのある方は違うかもしれませんが。。。

それはさておき、今回の型式はMSZ-ZW6316S 2016年モデルのお掃除機能付きエアコンとなります。

わたくし、2016年モデルは初対面となりますが、代々、設計思想にブレの無い三菱電機のこと。そう大きくは変わっていないであろうと予想しておりました。が、しかーし、分解してみてビックリ。なんと!前面基盤になっておりました。
IMG_8932

 

軽~いショックを受け、ダイキン、パナソニック、日立に続いて「霧ヶ峰よ、お前もか!」と世界史専攻の方々には馴染み深い名言に準えておきます。

ちなみに2014年モデルまでは前面ではなく、側面基盤であることは確認が取れています。2015年モデルはまだ出会ったことが無いので、側面か前面か?どちらか分かりません。

まぁ、側面であろうと、前面であろうと、お客様には影響なく、やるべきことは同じです。ただ、分解、組み立てがやや難しくなるので、作業時間が多少長くなることだけ、ご了承くださいませ。

ちなみに、当社の場合は時間の影響だけでご料金も変わらずに済みますが、経験の浅い業者さんでは前面基盤だと作業不可になることもございますから業者選びの際はご注意くださいね。

さて、化粧カバーやら、お掃除メカやらを外し・・・
IMG_8961

 

絶対に濡らしてはいけない基盤も前面にあってはアルミフィンや送風ファンを洗うことが出来ないので外してしまいます。
IMG_8939

 

それから、当社がアピールし続けているドレンパンを外します。まだ1年半の使用ですが、内部にはピンクスライムが沢山。これ、冬場なので干からびた田んぼの様に乾いていますが、夏場は結露水で濡れているのでブヨブヨ、ドロドロです。カビの栄養源になります。
IMG_8949

 

それから送風ファンにも既にカビは生えています。繰り返しですが、まだ1年半のエアコンです。
IMG_8947

 

こちらはアルミフィンと送風ファンを高圧洗浄した汚水です。上、三杯目。下、一杯目です。相当しつこいですが1年半のエアコンです。(笑)
IMG_8964

 

ドレンパンは手洗いしてツヤツヤです。

 

後は元通りに組み立てて動作確認して終了です。安心してお使いいただけるようになりました(^^♪
IMG_8971

ちなみに今回のお客様は三回目のリピーター様。以前までは富士通ノクリアをお使いでしたが、お買い替えの機会に当社おススメの霧ヶ峰にされてのご依頼でした。霧ヶ峰、やっぱりいいですよぉ☆彡。

それでは、また、よろしくお願いいたします(^_^)/


 

あ、そうです、そうです!これを最後にお伝えしておきます。今回の霧ヶ峰、こんな注意書きシールが貼ってありました。何とも親切です。
IMG_8972

これは霧ヶ峰に限ったことではなく、全メーカー、全機種共通のことです。フラップとは風向き調整板のことですが、一般的にはルーバーと呼ぶことが多いです。

この件、実は私もご説明させていただいたことがあります。クリーニングでお伺いした際、気になっている部分を説明してくれようとしたお客様が無造作にルーバーを掴んでグイッと結構な速さで動かしてしまうことがありました。

私は「ウヮ~ッ!壊れちゃいますよぉ~」とドキッ。

しかも片手で動かされたので余計にドキッと。

今回このシールを見て、実は世の中にはそういう方々が少なくないんだろうな?ということが分かったので、改めてこのブログをご覧の皆さまにもご説明させていただきます。

もしも、汚れ具合のチェック等々で手で動かす際は、ルーバーを支えている左右中央の支点になるべく均等に力が掛かるように掴む位置を調整してください。もちろん負荷が分散するように両手を使って掴む位置を複数にします。そして、モーターの重さ(負荷)を感じながらジリジリジリと、なるべく小さな力でゆっくり動かすようにして下さいね。

そうしないとシールに書いてある通り、ルーバーが割れる。モーターが動かなくなる。動くけども位置認識が狂って角度調整がおかしくなる。エアコンをオフにしてもルーバーが完全に閉じなくなる、等の不具合が起こりかねません。

本来は電気の力でモーターがルーバーを動かすように出来ています。

それを手でルーバーを動かすということは、逆にルーバーがモーターを動かすことになりますから、設計上とは違った負荷が掛かるのですね。

エアコンに限らず、機械物というのは想定されていない方向から力が加わったりすると、案外あっけなく壊れてしまうものです。

あ、それから、今時のエアコンはどうしたって手ではルーバーが動かないように出来ていて、メンテナンスの際も手で開けることを想定していない機種もありますから無理は禁物です。

どうぞご注意下さいませ。

それでは今度こそ、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

三菱霧ヶ峰お掃除機能付きエアコンクリーニング MSZ-ZW5616S ドレンパン外します

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

今週末は30℃越えの予報が出ている中、そろそろエアコンを・・・とお考えの方も大勢いらっしゃることと思います。

私もまた同様でございます。

ところで皆さまのエアコン、去年の夏から放置状態ですか?暖房もお使いのエアコンでも数カ月は動かしていない状態ですね。

エアコンは冬眠期間中に故障してしまうことが少なくありません。昨日はまさにその状態のエアコンに出会いました。

ですので、本格的に必用な季節が来る前にテスト運転してみることをお薦めさせていただきます。

チェックするのは先ずはきちんとスイッチが入るか?そして、冷たい風が出ているか?です。

それから汚れ具合のチェックです。汚れているエアコンは冷え具合、電気代に大きく影響します。人によっては喘息、アレルギーの発端にもなりますので要注意です。

喘息持ちの私が言うのですから間違いありませんw。

そんなこんなで先ずは試運転を。今週末はテストするのに最適な天気になりそうです。


 

それでは本題へ。本日は三菱霧ヶ峰の2016年モデル MSZ-ZW5616S になります。

【MSZ】は三菱の壁かけエアコンの総称。【Z】はシリーズ名。数字の前半二文字【56】はパワーランク。後半二文字【16】が2016年モデルの意です。

パワーランクは他にも40や63など沢山ありますが、【Z】シリーズで、年度表示が【16】であれば、全て同じ構造のエアコンとなります。

それでは作業に進みます。先ずは動作確認、それから分解です。正面パネルを外すとこんな感じです。この状態は皆さまもフィルターをお手入れする際にご覧になっていると思います。お掃除メカがドドンと鎮座している感じです。
IMG_0057

 

おっ!スマホ対応にされてますね。外出先からピッピッと操作できるリモコン装置です。画像中央のポケットにユニットが収まっています。霧ヶ峰はそんな収納スペースも設けてあるのですね。
IMG_0058

 

先へ進みます。お掃除メカを外すとこの状態に。アルミフィンが見えるようになりましたが、その前には電気基盤が。これまたドドンと鎮座しています。
IMG_0063


 

そのままでは洗えないのでこれも外します。業者さんによっては基盤を外さずに養生で済ませているようです。そのほうが手間が掛からないから・・・ということなのでしょう。又は基盤の外し方が分からない。でもですね、基盤がこの位置にあると『養生はしたけど、もしも水が侵入したらどうしよう』と考えるのが普通の人間。結果的に遠慮がちな高圧洗浄になってしまい、回復率が下がります。ですので、そんなリスクを心配せずに十分な高圧洗浄をするためには、やはり基盤は外すべきなのです。
IMG_0064


 

それから、当店ではいつものドレンパンを外します。2012年以来、ドレンパン、ドレンパンと言い続けてきました。何故ならば、ドレンパンの内部は外さないと見ることが出来ないし、洗うことも出来ないからです。もう皆さまもご存知ですよね。
IMG_0070

 

こちら、そのドレンパンの内部です。冬場なのでピンクスライムが干からびてパリパリになっています。これが取り残されたまま「クリーニング完了です!」って言われても嫌でしょ?
IMG_0068

 

ご覧の通り、外して洗えば目で見ながらきちんと洗えます。こちら関連記事です➡ドレンパンを外してクリーニングしたエアコンと、外さずにクリーニングしたエアコンはどれくらい違うの?
IMG_0079


 

話は本体側に戻りまして、送風ファンにはかなりカビが生えています。リビングのエアコンは2年間使うとこれくらいになるのが通常です。ここまで分解しなくても懐中電灯で照らせば見えるので、皆さまもチェックしてみてください。
IMG_0071

 

高圧洗浄してキレイになりました。ドレンパンを外しているので邪魔になるものが無く、よりキレイにすることが出来ます。
IMG_0080

 

こちらはその送風ファンとアルミフィンを洗い流した汚水です。下のが一杯目、上のは三杯目です。今回は25リッターで当社基準のキレイさが得られました。IMG_0086

 


後は元通りに組み立てて、動作確認すれば終了です。IMG_0082

 

これにて無事終了です。クリーニング後は爽やかairが気持ち良かです♪

皆さまも、本格シーズン到来前にクリーニングを済ませて今年の夏は爽やかairで始めませんか?

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン