他業者さんがクリーニングした富士通ノクリアAS-M40D2を一か月後に完全分解クリーニング

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

先日、FBのほうで今回の話題を告知しておりました。

一か月前にある業者さんがクリーニングしたエアコン。

使用してみたところ、どうも様子がおかしい?とのことで、当社のブログにたどり着き、ご連絡をいただきました。

富士通ノクリア AS-M40D2 2014年製の機械です。

当社のクリーニング方法、【ガッポリ外し】を知り、やはり前回の業者さんのやり方では宜しくないのでは?と思われたとのこと。

そして、ガッポリ外しでエアコンの内部が実際どうなっているのか?確かめてみたい思いもおありのご様子。

この短期間にダブルでの出費、イタタタ・・・ではありますが、思い切って再度のクリーニングをご依頼いただきました。

前回の業者さんはどんな作業方法だったかと申しますと、ガッポリ外しでは無いので、お掃除メカを外して、、、

 

アルミフィンを露出させるところまでの分解状態で高圧洗浄しています。

 

一見、キレイになっているように見えますが、そこから更にドレンパンと送風ファンをガッポリ外してみると、ドレンパンの中はカビカビです。ノクリアはドレンパン単体では外れない構造になっているので、ガッポリ外しが必用です。

 

カビの栄養源になってしまうヌルヌル汚物も沢山残っています。

 

まぁ、この部分はガッポリ外さない限り、このくらいまでしかクリーニングできないのは納得できます。仕方なし。。。

今回、それ以外に特に問題だと思ったことがありました。

ガッポリではなく、通常分解であっても、ノクリアは少なくとも、真ん中のルーバー(風向き調整板)は外さないと、高圧洗浄機のノズルがコントロールが出来ず、送風路の奥まで届かないです。

ルーバーを外していないので、裏側にはやはりカビが残っていました。

 

ということは、送風路の奥にもカビが取り残されています。

 

それから送風ファンも、そこそこキレイ見えますが・・・

 

先ほど一見キレイに見えると申し上げたアルミフィンと共に高圧洗浄してみると・・・

まだまだ黒い汚水が沢山出てきます。

上のキレイなのが三杯目、下の汚い水は一杯目。

暗くてちょっと分かりずらいですか?

では、二杯目を屋外で撮影した画像もあります。一杯目よりは透明感がありますが、まだまだ黒いです。

ということで、なんとビックリ、合計35リッター程も洗い流してキレイになったのでした。

アルミフィンと送風ファン、送風路については、ガッポリ外しでなくても、丁寧に行えばもう少しキレイにできるはずなんですけどね。

丁寧というのはルーバーを外し、道具を吟味し、時間を惜しまずに洗い流せば、ということです。そうすれば追加で35リッターも汚水が出ることはありません。

今回の私の作業をご覧になっていたお客様は「本当に丁寧なんですね」と仰っておりました。

伺えば、今までにも複数回エアコンクリーニングを頼まれたことがおありとのことですが、当社の作業が一番丁寧であるということで、喜ばしいコメントをいただけました。

そして、ガッポリ外すには丁寧さにプラスして、さらに技術が必用です。

手洗いしたドレンパン。

 

ツヤツヤです。

(一部茶色く変色しているのはアルミフィンを補強している鉄の錆によるシミです。メーカーはそれは分かっていて、そういう構造にしているので、気にしなくて大丈夫です)

さて、長くなりましたのでそろそろ・・・と行きたいところですが、最後にもう一つ。

Q、お掃除機能付きエアコンのクリーニングは幾らですか?

Q、結構高いですね。

Q、他に安いところ、15,000円とかあるじゃないですか。

それらへのご回答と、その理由、このホームページに何年にも渡って繰り返し綴ってきましたが、今でも聞かれることがあります。

今回の事例は、それらのご質問への回答として、今までにない説得力が出せたかな?と思っています。

これから先も、当社の名前をたまたま見かけて、とりあえず電話してみた、という方々がいらっしゃることでしょう。

その時にはこの記事をご案内させていただこうと思います。

そうすれば、当社のご料金が高くないことをご理解いただけると思っています。

それでは、また、よろしくお願いいたします (^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

富士通ノクリア AS-D22G のクリーニング ドレンパン外します

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日は富士通ノクリアのクリーニング AS-D22G のご紹介です。

ノクリアには古くからZシリーズ、Sシリーズというラインアップがあり、サイドファンが付いているXシリーズが途中から加わりました。

今回は更に新しく加わったDシリーズということで、私も初めてのクリーニングとなります。

年度といたしましては最後のアルファベットが【G】なので、2017年モデルということになります。

【22】はパワーランク。他にも40や56などもございますが、構造は基本的に同じで、クリーニングの様子も同様となります。

何か変わった所はあるかしら?と思いながらフロントパネルを開けると、いきなり今までのモデルと様子が違います。DSCN0328

 

ゴミ箱ボックスが東芝やかつてのダイキンの様に左右一体型になりました。DSCN0333

 

基盤は前面に。この辺りはXシリーズの流れを汲んでいます。DSCN0340

 

お掃除メカはシンプルになりました。好印象です。お掃除メカもカビがぶわーっと生えてしまうことは良くあります。水でジャージャーとは洗えず、拭き掃除しか出来ない部品だけにシンプルなのは大歓迎です。
DSCN0345

 

お掃除メカを外すとアルミフィンが見えるようになりますが、これではまだ分解が不充分です。DSCN0346

 

基盤も外してしまいます。業者さんによっては基盤を外さずに養生で済まして洗っています。ですが外した場合と外さない場合では得られるキレイさは全然違います。何故なら養生では水没故障が怖くて思い切った洗浄が出来ないからです。
DSCN0354

 

実際のところ、多くの業者さんは基盤外しません。外せません、と言ったほうが良いかもです。理由は何となく想像できると思います。業者選びは慎重になさって下さい。
DSCN0355

 

さて、今回のクリーニングで一番驚いたのがここ。ドレンパンと送風ファンが一体構造になっているのが富士通さんの伝統ですが、なんと!ドレンパン単体で外れるようになっていました。
DSCN0359

 

クリーニングの都合上「おー!富士通さん良いっすね、コレ♥」と思ったのですが、ちょっと待てよ?と。見たことがある特徴が各所にあります。DSCN0361
DSCN0363

 

アルミフィンも富士通さんらしからぬピシッとした出来栄え。フィン左端の樹脂ステー共々、素材感、形状ともに良く知っています。
DSCN0377

同業さんがご覧になったならば、すぐにお分かりになると思います。どこからどう見ても霧ヶ峰にそっくりです。おそらく三菱電機さん、又はその同じサプライヤーから供給を受けているのでしょう。私が一番信頼している霧ヶ峰ですから、それはそれで歓迎しておきたいところです。

さて、汚れ具合の方はどうでしょう?先のドレンパン内部にも、送風ファンにも目立った汚れはありません。
DSCN0364

 

アルミフィンもまた同様です。
DSCN0366

 

ですが、洗ってみればこの通りで、ソコソコ濁った水が出てきます。これくらいだと汚れの進行度合いとしては序の口です。DSCN0385

ですが今回のご依頼のきっかけは「臭いが気になって・・・」とのこと。さほど汚れていないエアコンでも、臭いは出る時には出ます。

特に関東地方はここ数日、気温はそれほど高くないけれど、湿度の高い日が続いております。そんな日はイヤぁ~な臭いが発生しやすいものです。お悩みの方、いらっしゃいましたらご連絡お待ちしております。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン