富士通ノクリアのクリーニングAS-Z63A2。完全分解の業者を探したお客様

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日は富士通ノクリアの2011年モデルのクリーニングです。

型式はAS-Z63A2 後ろから二文字目の【A】が年式表示です。

ノクリアで年度表示さえ同じであれば、室内機の中身はどれも基本的に同じで、作業の進め方も同じとなります。

他の記号の意味は以下の通りです。

富士通のエアコンは全て【AS】から始まります。【Z】はシリーズ名、他にSシリーズなどがあります。【63】はパワーランク、お部屋の広さに合わせて沢山あります。最後の【2】は200V仕様のこと、100V仕様の時は【1】とは書かず、無表示になっております。

それから、機械本体には最後に【W】の表示があります。これは外装の色、Whiteのことです。色は作業には不要な情報なので、いつも割愛しております。

それで、ノクリアの場合、当社は完全分解でクリーニングを行います。

完全分解した最後の姿です。壁側に残るのはアルミフィンだけになります。

DSCN1068

 

前側ドレンパンの内部です。カビですね。完全分解して初めて確認できるところです。

DSCN1060

 

こちらは後ろ側のドレンパン。同じくカビです。

DSCN1059

 

送風路。やっぱりカビです。

DSCN1061

 

こちらは送風ファン。あれ?これはもう洗った後の画像でした。まあ、キレイになっております。洗浄後に塩素消毒もしてあります。カビよさらば!。

DSCN1066

 

では、その他も洗浄後の画像です。

DSCN1064DSCN1063DSCN1065

共々、キレイになりました。

こちらはそれ以外の分解した部品です。

DSCN1057

 

上の画像の右側に置いてある、お掃除メカユニットの裏側です。相当カビてますね。

DSCN1062

 

この部品はモーターやらセンサーやら電気部品が付いているので水洗いはできません。洗剤を染み込ませたウエスで拭き取りクリーニングです。

DSCN1067

 

こちらは先ほどの送風ファンとアルミフィンを高圧洗浄した汚水です。右、一杯目。左、四杯目です。今回は合計40リッターの洗い流しが必用でした。

DSCN1069

 

その他のフィルターや、ダストボックス、外装カバーなどもキレイにして組み立てれば終了です。

伺えば、このノクリアは二度目のクリーニングで、前回は名の知れた業者さんにご依頼されたそうです。

その時のクリーニングの結果を受けて、やはりこの部品を外さなければダメなのでは?とお考えになられ、当社に辿り着いたそうです。

この部品とはドレンパン&送風ファンのことです。

作業中、外したドレンパンの内部をご覧になりながら「やっぱりカビだらけなんですねぇ」なんてお話しをされながら、前回のクリーニングからの経緯を教えて下さりました。

この度は当社を見つけて下さり、そしてご用命いただき、誠にありがとうございました。

しっかりキレイにさせていただきましたので、これでまた快適にお使いいただけると思います。♪

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事6選

  1. エアコンクリーニング業者の選び方
  2. 何となく決めた業者さんのクリーニングで大失敗してしまったお客様の話
  3. ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
  4. DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
  5. エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
  6. エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?