日立お掃除機能付きエアコンのクリーニング RAS-X40E

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

ルーバー三分割の日立のお掃除機能付きエアコンが続きます。もう、申し上げなくても良いと思いますが、2015年モデルのトップグレード機種となります。

今回はRAS-X40E。【40】は16畳用くらいのパワークラスの機械です。
IMG_8284

 

前回はソコソコきれい目の機械でしたが、今回はかなりイっちゃっているケースとなります。

では見ていきましょう。

アルミフィン。フィルターで防げなかったホコリが入り込み、強烈にカビが生えています。
IMG_8256

 

ドレンパンを外してみると内部はドロドロです。前回の記事X28Eと比べてみれば、その違いは一目瞭然です。同じ年式の機械でも使用環境によって汚れ方が全然違うことがお分かりいただけます。
IMG_8259

 

今年の夏はドレンホースが詰まって水漏れしたそうです。これだけドロドロになるとそれも納得です。
IMG_8262

 

送風ファンもカビだらけです。
IMG_8254

 

アルミフィンと送風ファンを高圧洗浄した汚水です。一杯目がこんな感じなのは毎度のこと。次へ行きましょう。
IMG_8268

 

二杯目でこんなにゴミカスが混じってくるのは稀なこと。先の長さを予感させます。
IMG_8269

 

三杯目。やっぱり先はまだ長い感じです。
IMG_8270

 

四杯目。まだダメですね。次こそは透明に!
IMG_8272

 

五杯目。いや~、まだ濁っています。

 

六杯目。やっと納得のキレイさになりました。こんなにしつこく洗い流しを行うと時間は当初の予定を超えて利益度外視になってしまいますが、私の性格上、途中で打ち切ることが出来ません。困ったものです。
IMG_8274

 

で、キレイになったアルミフィン。
IMG_8277

 

スッキリした送風ファン。
IMG_8275

 

外したドレンパンは丁寧に手洗いして真っ白です。
IMG_8265

 

ドロドロはもういません。IMG_8264

 

後は元通りに組み立てて終了です。IMG_8279

 

なお、今回の機械は新品からの3年間で溜まった汚れの量、カビの生え具合から、毎年のクリーニングをお奨めさせていただきました。

当社は一般的に2年毎のクリーニングをお奨めしています。2年間持たせるためにドレンパンを外したり、洗い流しの量に制限を設けることなく、納得いくまで高圧洗浄を行っておりますが、今回のような機械はそれでもちょっと無理があるかと。

ここまでヘビーにお使いになられていると、やはり毎年のクリーニングが必用になります。

経年劣化を抑える意味でも、適切なタイミングでのクリーニングは大切です。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

エアコンクリーニング業者の選び方 その3

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

ここ数日、気温もぐっと下がり、随分と過ごしやすくなりました。後は湿度がもう少し下がってくれると嬉しいですね。

エアコンの出番もだんだんと少なくなってきたと思いますが、時間帯によってはまだまだ手放せない感じです。

気温が低くなってきたことで、臭いの発生でお困りの方も多くいらっしゃることと思います。

そんな場合はこちらの記事がお役に立つと思います。➡エアコンからの嫌~な臭いが季節によって出たり出なかったりの不思議


さて、本日は日立のお掃除機能付きエアコンのクリーニングです。

型式はRAS-X40E2 2015年モデルの機械です。まだ新しめの機械ですが、実はクリーニングは二度目。ちょうど一年前に別の業者さんにクリーニングしてもらったそうです。

ところが臭いは取れず、不快感がぬぐえない結果だったそうです。

ということでお問い合せを頂戴し、伺ってまいりました。

先ずは動作確認でスイッチオン。ブワ~っと嗅ぎ慣れない臭いがします。

カビ臭さは感じません。生活臭の凝縮した臭いに芳香剤を加えたような甘ったるい臭い・・・。私が出会ってきた何千台のエアコンの中でも珍しい臭いです。

いずれにしましても、耐えられない程ではありませんが、嗅ぎたくない臭いであることは確かです。

お客様も横で同じ臭いを嗅いでいたのですが「前はクリーニングが終わって最初からこの臭いがしたんですよ。」と仰りました。

「ええッ!本当ですか?」と私。

「で、その業者さん曰く、ああ、この臭いは仕方無いんですよねぇ、みたいな感じで・・・。」とお客様。

絶句です。

その業者さんの作業を見ていないので、ここでは多くは語らずに「なるほど、分かりました。」とだけお応えし、後はクリーニング後にお話しすることにして作業に取り掛かります。

先ずは本体カバーを外し、配線も外していき・・・
DSCN0742

 

お掃除メカを外します。
DSCN0756

 

次にドレンパンも外します。内部はカビが少しくらいです。それほどハードには使用されていない印象です。
DSCN0746

 

お掃除メカ、ドレンパンを外すと本体はこの状態になります。アルミフィンは見た目では汚れは分かりません。 ところで、アルミフィンがこの形状になった2015年モデル以降のXシリーズはドレンパンを外すのが本当に難しくなりました。もちろん組み立ても難しいので、他の日立のお掃除機能付きよりも所要時間が長めになります。DSCN0752

 

送風ファンにはカビが生えているのが分かりますね。リビングで一年使えばこれくらい生えてくるのは通常だと思います。
DSCN0749

 

洗浄後です。先にドレンパンをはめてしまいました。しかもピンボケです。(;´∀`)
でもキレイになっているのは分かりますかね?。DSCN0761

 

アルミフィンは洗浄後でも見た目は変わりませんが・・・。DSCN0765

 

洗い流した汚水はこんな感じです。やや濁っていますね。この水を蒸発させれば最初に嗅いだのと同じ臭いがするはずです。この他にもバケツ二杯、今回は30リッター程の洗い流しを行いました。
DSCN0767

 

ドレンパンの中のカビも手洗いしてキレイです。DSCN0760

 

洗浄は終わりました。さあ、組み立てて再びスイッチオンです。今度はブオォーと爽やかな風が吹いてきました。

「ああ、全然違いますね!。」 お客様は前回のクリーニング直後とは臭いが違うことを直ぐに感じておられました。

結果を体感していただいたところで「前回ってお掃除メカは外していましたか?」と伺ってみました。

何故そんなことを聞いたかと申しますと、分解中のこちらの画像。お掃除メカの裏側に液体の乾いた跡があります。
DSCN0755

 

こちらお掃除メカを外す前の状態です。外さずにフレームの隙間から何かしらの液体(洗剤)をプシュ、プシュと吹きかけただけなので、裏側に先ほどのような痕跡が残ります。そして多量の洗剤、水を掛けると故障してしまうので、まともなクリーニングは出来ないのです。DSCN0599

「どうだったか?、あまり見ていなかったので、ちょっと分からないです」とお客様は仰っておりましたが、まぁ、そういうことなんです。

お掃除メカを外していないことは他の部分からも推察できます。

配線の曲がり癖がキレイ過ぎるんです。お掃除メカを外すには配線を外す必要があり、繋ぎ直す際には最初の曲がり方とは違う癖が付くので、分解したことがある機械は見れば分かるものなのです。ところが今回の機械はその痕跡がありませんでした。
DSCN0738

 

ちなみに今回、私は4時間ほどかけてリビングの一台をクリーニングしたのですが、寝室にはもう一台同型のエアコンがあり、前回の業者さんはリビングと寝室の2台で同じくらいの作業時間だったそうです。

分解工程が違うからやたらと時間が早い。そして、キレイになっていないからクリーニング直後なのにヘンな臭いがする、ということです。

お掃除機能付きエアコンをクリーニングするのにお掃除メカを外さない、そんなクリーニング方法はあり得ない行為です。

少なくとも業者がお金をもらって行うレベルの作業ではありません。お掃除メカを外すことはクリーニングの最低条件です。

そして、ドレンパンを外すことで更に上級の結果が手に入ります。

前々からの繰り返しになりますが、業者選びのポイントはその機種のクリーニング方法が詳しく解説されているか?そこが大切です。

値段、イメージ写真だけの広告にはご注意下さいね。

ところで、その業者さん「それほど汚れていませんでしたよ」とコメントを残して帰って行ったそうですが、あまり汚れていないのに臭いが取れないってどういうことよ!?と思った今回のクリーニングでした。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン