日立お掃除機能付きエアコンのクリーニング RAS-X40E

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

ルーバー三分割の日立のお掃除機能付きエアコンが続きます。もう、申し上げなくても良いと思いますが、2015年モデルのトップグレード機種となります。

今回はRAS-X40E。【40】は16畳用くらいのパワークラスの機械です。
IMG_8284

 

前回はソコソコきれい目の機械でしたが、今回はかなりイっちゃっているケースとなります。

では見ていきましょう。

アルミフィン。フィルターで防げなかったホコリが入り込み、強烈にカビが生えています。
IMG_8256

 

ドレンパンを外してみると内部はドロドロです。前回の記事X28Eと比べてみれば、その違いは一目瞭然です。同じ年式の機械でも使用環境によって汚れ方が全然違うことがお分かりいただけます。
IMG_8259

 

今年の夏はドレンホースが詰まって水漏れしたそうです。これだけドロドロになるとそれも納得です。
IMG_8262

 

送風ファンもカビだらけです。
IMG_8254

 

アルミフィンと送風ファンを高圧洗浄した汚水です。一杯目がこんな感じなのは毎度のこと。次へ行きましょう。
IMG_8268

 

二杯目でこんなにゴミカスが混じってくるのは稀なこと。先の長さを予感させます。
IMG_8269

 

三杯目。やっぱり先はまだ長い感じです。
IMG_8270

 

四杯目。まだダメですね。次こそは透明に!
IMG_8272

 

五杯目。いや~、まだ濁っています。

 

六杯目。やっと納得のキレイさになりました。こんなにしつこく洗い流しを行うと時間は当初の予定を超えて利益度外視になってしまいますが、私の性格上、途中で打ち切ることが出来ません。困ったものです。
IMG_8274

 

で、キレイになったアルミフィン。
IMG_8277

 

スッキリした送風ファン。
IMG_8275

 

外したドレンパンは丁寧に手洗いして真っ白です。
IMG_8265

 

ドロドロはもういません。IMG_8264

 

後は元通りに組み立てて終了です。IMG_8279

 

なお、今回の機械は新品からの3年間で溜まった汚れの量、カビの生え具合から、毎年のクリーニングをお奨めさせていただきました。

当社は一般的に2年毎のクリーニングをお奨めしています。2年間持たせるためにドレンパンを外したり、洗い流しの量に制限を設けることなく、納得いくまで高圧洗浄を行っておりますが、今回のような機械はそれでもちょっと無理があるかと。

ここまでヘビーにお使いになられていると、やはり毎年のクリーニングが必用になります。

経年劣化を抑える意味でも、適切なタイミングでのクリーニングは大切です。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

日立お掃除機能付きエアコン RAS-S56A2 二年振りのクリーニング ドレンパン外します

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

気温もソコソコで快適な日が続くここ4、5日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

快適なのはいいけど洗濯物が乾かない?

確かにその通りですね。部屋干しを余儀なくされる日が向こうしばらく続きそうで、あの嫌~な匂いを思い出すと、イヤ~な気分になってきます。

そしてエアコンも同じように酸っぱ~い臭いが出やすい梅雨時であります。

エアコンの臭い対策には、クリーニングして汚れを落とすこと。そして設定温度に注意して使いこなすことの両方が必用です。

こちら関連記事です➡エアコンからの異臭を簡単に回避できるとき②


その話はそれくらいにして、本日は日立お掃除機能付きエアコン 2011年モデル RAS-S56A2 のクリーニングです。

アルファベット【A】が2011年の略号。【S】はシリーズ名。【56】はパワーランクです。【40】や【63】など、他のパワーランクでもSシリーズで年度が同じであれば同様となります。
DSCN0401

こちらのエアコンは当店にて定期的にメンテナンスさせていただいておりまして、今回で三度目のクリーニングです。

前回は2017年9月に行っておりますので、約二年振りでのクリーニングとなります。

リビング設置で夏場はフル稼働に近い使用環境の機械ですが、ドレンパン内部には二年間でどれくらい汚れが溜まるものなのか?見てみます。

うーむ、やはり溜まっていますね。
DSCN0395

 

冷房シーズン前なので乾いている状態ですが、夏場になると結露水と混じり合ってグチョグチョ、ブヨブヨになります。掃除していないお風呂の排水溝をご想像下さい。
DSCN0394

 

ドレンパンを外して洗う当店の工法であれば、クリーニング後はご覧の通りスッキリです。
DSCN0400

 

やはりドレンパンは外して洗うことが大切です。
DSCN0399

 

こちらは、アルミフィンと送風ファンを高圧洗浄した汚水です。右、一杯目。今回は洗剤の泡で汚れ具合がちょっと分からないですね。左のキレイなのは三杯目です。今回は30リッター弱で当社基準のキレイさが得られました。
DSCN0402

 

銀イオンファンもすっかりキレイになり・・・
DSCN0398

 

アルミフィンもスッキリしました。DSCN0397

これでまた、今年の夏は気持ち良くお使いいただけることと思います。

リビングのエアコンは二年毎のクリーニングで爽やかairを維持できます。

皆さまのエアコンは調子いかがですか?本格シーズン到来前のクリーニング、おススメです。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン