東芝お掃除機能付きエアコンクリーニング RAS-402NDRの配線が・・

 

皆さま、こんにちは。

天気最高のGW、いかがお過ごしでしょうか?

リフレッシュするにはもってこいですね。

私はといえば、もちろんエアコン洗っています。

仕事で大変ですね、と気にかけていただいたりすることもありますが、コンスタントに仕事しているほうが、精神衛生的に健康でいられるので、まったく問題ありません。

むしろ積極的にO.Kです。OK

さて、本日は東芝のお掃除機能付きエアコン RAS-402NDR です。

2012年の夏に売り場を飾っていたモデルであります。

私、この型式は初めて出会い、さらに二日後にも同じ機種のご依頼がありました。

作業してみると、従来機種とは少々設計が変わっていて、分解しずらいなぁ、という所があったので、自身の備忘録も兼ねてアップしておきます。

お掃除メカユニットの配線カプラーの接続位置が変わりました。

 

メイン基盤のボックス上部に変更になっています。

 

寄ってみるとこんな感じです。外すのは一番奥の2つ。

 

上から覗き込んでみるとこんな感じです。

このカプラー、とても外しずらいです。

明らかに作業性が悪くなりました。

奥のスペースで手を自由に動かせる空間が無いと面倒なことになります。

右壁に近く、さらに天井も近い設置状態ではしんどいですね。

カプラーをロックしているツマミの上に配線が通っているし、配線の余裕も少ないので摘みずらく、不要な時間を取られます。

右壁ピッタリではおそらく作業不可になるかと思います。

さてさて、作業都合の話題になってしまいましたが、ユーザーの皆さまにも直接関係のあるお話しを少々。

フィルターを外してみれば、お掃除機能に頼ることなかれ、です。

この事実は歴代変わることはありません。

送風ファンには普通にカ生えています。

送風ファンはそもそも自動お掃除機能の守備範囲外です。

当社の場合は送風ファンを外して洗います。

ドレンパンが一体成型の東芝では、それによってクリーニング率を高めることができるのです。

それでは、また、よろしくお願い致します (^_^)/