富士通ノクリアXのクリーニング ASーX56G2 完全分解です

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日はノクリアエックス AS-X56G2のクリーニングでございます。

アルファベット【G】は2017年モデルの略号。【56】はパワーランクですが、他の63や40でも機械の構造は同じで、クリーニングの様子も同様となります。

それどころか、次年度の2018年モデル、アルファベット【H】も変更点は無く、同じ物となります。

それでは作業に入ります。動作確認が済んだら先ずは分解。フロントパネル、フィルター&ゴミ箱ボックスを外すとこの状態になります。DSCN0210

 

で、動作部品へと繋がっている基盤の各種配線を外し・・・  DSCN0213DSCN0217DSCN0221DSCN0224

 

次に左右のサイドファンを外し・・・DSCN0222

 

するとこの状態に。
DSCN0251

 

そうしましたらお掃除メカユニットを外し・・・DSCN0228

 

次に送風ファンとドレンパンのユニットも外します。DSCN0230DSCN0231

 

これにて完全分解の完了です。ノクリアをキチンとキレイに出来る工法です。DSCN0242

 

こちらはアルミフィンのてっぺんに乗っかっている蓋。空気の流入をコントロールするデュフューザーです。歴代のノクリア全てに付いています。昔、むかし、2006年~2007年モデルの頃は可動式でしたが、2008年モデル以降は固定式になっています。これも外してしまった方が、よりキレイにクリーニングすることが出来ます。特にアルミフィンがホコリだらけの個体についてはその違いが顕著に出ます。
DSCN0239

 

さて、完全分解して下から見上げるとこんな風景になります。アルミフィンは横から見ればA字型になっています。逆V字型と申し上げた方が分かり易いですかね。手前側のアルミフィンは三枚構成。奥側は画像では分かりませんが二枚構成になっていて分厚く出来ています。完全分解でクリーニングを行うと内側からも高圧水を噴射出来るので、よりキレイにすることが出来るのですね。表側からだけでは汚れを取り残してしまいます。事実、表側から洗ってキレイになった様に見えても、その後に内側からブシューッとやると、まだまだ汚れが出てきます。何百台クリーニングしてきて毎回同じなのです。ノクリアのクリーニングは完全分解が基本です。業者選びのポイントです。
DSCN0236

 

洗い流した汚水です。今回のお客様は嫌~な臭いに悩まされてのご依頼でしたが、汚れ自体はまだまだ序の口。ほんの少しの汚れでも臭いは出る時には出ます。DSCN0243

 

こちら分解中のサイドファンです。DSCN0260

 

ファンの羽にはホコリが付着しています。これ、もう何年か経つと風に乗ってホコリが飛んで来るようになります。
DSCN0261

 

目の細かいフィルターは付いているのですが、完全には防げません。DSCN0256

 

フィルターともどもキレイに洗っておきます。DSCN0266

ここまで来たら部品の洗浄は終了。後は逆の手順で組み上げてクリーニング完了です。


ここで設置状態による作業可否についてお伝えしておこうと思います。今回のノクリアXは左壁に寄った設置。隙間はこの程度でしたが何とか分解可。もしも、逆側がこの隙間(右寄り)だったならば無理かな?と思います。富士通さんが出している取り付け指示では【メンテナンスの為に左右とも30mm以上確保すること】となっておりますが、「右壁寄り30mmは嘘でしょ?じゃあ富士通さんやって見せてくださいな」と思っている私でございます。まぁ、メーカーさんも取り付け寸法の条件を厳しくすると、販売出来ないケースがどんどん増えてしまうので、ギリギリで表記したりします。実際は配管の出し方云々との兼ね合いもあって、分解出来ない場合が少なからず発生するはずです。私的には右寄り30mmの場合はお引き受けできないなぁと考えております。
DSCN0276

 

ちなみに天井スペースは今回はこれくらい。こちらは富士通さんの指示では50mm以上となっております。まぁ、50mmあれば何とかね・・・とは思います。しかし、今回のように左がギリギリ30mm、天井もギリギリの50mmだったならば、やはりちょっと無理かもです。DSCN0279

複雑な機械ほど、クリーニングの可否は設置状態に左右されます。受け付け時には左右スペース、天井スペースとも必ず確認させていただく事項になりますので、予めご確認の上、お問い合わせいただけますと幸いです。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン


【追記】これは同業者さんの方々へ、ということで書いておきます。サイドファンの脱着時はこんなふうにテープ貼っておくと良かです。ひょっとした瞬間にサイドファンがグリッと動いて、ドキッとするのを防いでくれると思います。手が滑って落下したら大変ですからね。用心に越したことはありませんです。DSCN0274