アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと、臭いが消えるかどうかはコレに掛かっています

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日はアルミフィンについてですね。

先ずはアルミフィンの構造について、知っていただきたいと思います。

エアコンで言うアルミフィンとは熱交換機のこと。無数のフィン(ヒレ)状に形成したアルミの表面で放熱(暖房)したり、吸熱(冷房)したりします。

もちろん、ただのアルミフィンでは放熱、吸熱が出来ませんから、そのアルミフィンを熱くしたり、冷たくする必要があります。

それを担うのが冷媒管です。アルミフィンの内部を管が何本も貫いているのが分かります。この冷媒管は室外機と繋がっていて、内部を冷媒(ガス又は液体)が循環しています。

IMG_7160

冷たい冷媒(ガス)が流れれば、アルミフィン全体が冷たくなり、吸熱(冷房)します。放熱(暖房)の時は逆に熱い冷媒(液体)が流れます。

なぜ、冷媒管だけではダメなのか?表面積が小さくて能率が悪いからです。周りをアルミフィンで覆うことによって、熱交換できる面積を大きくしています。

なので、正確に申し上げれば、アルミフィンと冷媒管を合わせて熱交換器と言うことになります。


次に横から見てみましょう。現物よりも図解の方が分かり易いです。

ドレンンパンの解説で使った図から不要な部分を削除して、アルミフィンの中を通っている冷媒管を書き加えてみました。青い〇が全てそれです。先ほどの正面画像では、表側の並びしか見えませんが、実際はこの様に奥の方にも沢山の管があります。

エアコン断面図3

 

アルミフィンはかなり分厚いのですね。

DSCN2147

 

それで、この冷媒管が何本も通っている分厚いアルミフィンを内部までしっかり洗うために高圧洗浄機を使用します。

DSCN2442

 

但し、やみくもに高圧水を当てれば良いというものではありません。

一方向だけから高圧洗浄しても、冷媒管の裏側、更に次の並びの管、というように、洗えない場所があります。ですので、前から、上から、斜め上から、斜め下から、というい様に様々な方向から高圧水を当てなければなりません。(図がゴチャゴチャしてしまうので、裏側のアルミフィンの ⇢ は省略しました)

エアコン断面図4

 

実物を洗ってみると、正面側からバーッと洗って、キレイな水が流れてくるようになっても、方向を変えると、まだまだ汚い水が出てきます。

また、方向だけでなく、効率よく内部の汚れを流し出すには、その順序も大切で、そこは各々の作業員の探求によるところになります。

当社では、日頃の作業事例で、今回は何十リッター流してキレイになりました!ということをお伝えしていますが、それは、上記のような洗い方をした上で、何十リッター流してキレイにすることが出来た! という意味合いです。

つまり、同じ40リッターを使って洗ったとしても、一方向だけから洗ったのと、今回の解説の様に洗ったのでは、得られるキレイさは全然違うということです。

そして、順序も方向も考えずに洗い流した70リッターよりも、考えながら洗い流した40リッターのほうがキレイに出来ることは言うまでもありません。

もっとも、順序や方向を考えていない作業員が70リッターも流してくれることはあり得ません。40リッターも流さないのが普通だと思ってください。

このことは、前々からどうお伝えすべきか?頭を悩ましつつ、作業事例の中では話が長くなり過ぎてしまうので、触れることが出来ずにおりました。

ですので、今回、改めてこの場を設けさせていただいた次第です。


さて、次にメーカーさんからアルミフィンの断面図を拝借します。(メーカーさんありがとうございます。イイですよね(^^ゞ

P1130596

見てみると、基本的には同じでありながら、アルミフィンの形や厚み、管の太さ、本数、配置が違うのが分かります。

P1130594

また、これらは各社さんの代表例であって、同じメーカーでもシリーズ毎によって違いますし、パワーランクによっても違いがあります。

P1130593

繰り返しになりますが、これらの違いがありますので、様々な方向から高圧水を当てる必要がある訳です。

そうなりますと、次に必要になるのは、それを実践するための道具ですね。様々な方向から高圧水を噴射出来るノズルが必用になります。

フレキシブルタイプは当社で長年使用している物。ストレートで、先っぽだけチョコッと曲がる物は、様々な方向からの噴射ができません。

t02200306_0371051611582249952

 

こちらの図でイメージしてみましょう。裏側のアルミフィンを洗う時、どうなるでしょうか?。違いは一目瞭然ですね。噴射角が全く違います。ストレートタイプではどんなに立てても、天井があるので、表面を撫でるような角度でしか高圧水を当てることが出来ません。

エアコン断面図5

違いが分り易い裏側のアルミフィンに触れましたが、もちろん表側のアルミフィンでも違いは出ます。

実際に洗う時は、水が飛び散らない様に機械全体を養生した中で行いますから、腕の動きが制限されます。その分、洗浄ノズルのほうの動きに、より大きな自由度が必用になるのです。

P1130618

 


ちなみに、今回の一連の解説の始まりとなりました、こちらのエアコン。➡CS-X712C2 パナソニックお掃除機能付きエアコンを2年ぶりにクリーニング

▶2012年に新品設置。

▶2015年。別業者さんでクリーニング。

▶2018年。当社でのクリーニング。60リッター流して当社基準まで達しました。

▶2021年。再び当社でのクリーニング。30リッターで同じ基準に達しています。

これが何を意味しているかと言えば、2015年のクリーニングではアルミフィンの洗浄が不足で、洗い残しがあったということです。

アルミフィンが洗浄不足のケース、よく出会います。特に裏側のアルミフィン。

アルミフィンの洗浄は良い道具と、時間(洗い流しの量)、この両方で結果が決まります。

道具が良くても、時間をケチればダメですし、逆に時間を掛けても、道具が良くなければやっぱりダメなんですね。

もちろん、道具と時間を生かすも、殺すも作業者次第。ここまで述べてきたことを考えているかどうか?と言うことは先に述べた通りです。

なお、洗浄ノズルは当社で使っているもの以外でも、噴射角の自由度が高く、裏側のアルミフィンが良く洗えそうな物があります。私も既に注文して届くのを心待ちにしているところです


さて、4回にわたり、ドレンパンからアルミフィンまでご覧いただきました。

エアコンクリーニングの仕上がりは、分解と、洗い流しの両方によって、結果が変わることがお分かりいただけたと思います。

ですので、間違っても分解していないエアコンに、高圧洗浄機を向けているような写真を掲載している業者さん。ペロンと下側だけ水受けを吊るして洗っている画像の業者さんには頼まないでください。

キレイになる、ならないはもちろんですが、その前にエアコン壊れます。

固有名詞を出して注意喚起したくてうずうずしていますが、そういう訳にも行かず…。業者選びのヒントにしてください。

脱線しました。元に戻ります。

正直なところを申し上げますと、これだけ文字数を割いても、まだ説明しきれない部分もございます。

これ以上は、ここがこうだから、こうなって・・・というふうに、エアコン本体を前にしながらでないと、お話しできない領域が出てきます。先に申し上げた通り、メーカーによって、機種によって、少しづつ違いがあるからです。

今回は基礎編ということで、これで一旦区切らせていただきます。

連載の冒頭で❝深み❞って言ったのに基礎ってどういうこと!?と言われてしまいそうですが、エアコンクリーニングはそれくらい深いものだとご理解いただけましたら幸いです。(^^;)

説明しきれない所は、また時を改めてお話ししたいと思います。

図だけ載せておきますね。

エアコン断面図6

エアコン断面図7

それから、送風ファンは?と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

送風ファンって、アルミフィンや、ドレンパンと比べれば、作業者による仕上がりの違いは出ずらいので、今回は触れませんでした。

いや、でも、ファンの洗い方次第で、ファン自体のキレイさ云々よりも、ファン以外の場所に悪影響を及ぼすことがあります。

そこも、その時が来たら触れたいと思います。

それでは、また、よろしくお願い致します。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事6選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
5.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
6.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?