日立お掃除機能付きエアコンのクリーニング RAS-X63J2 ”ファンロボ”です

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日は初登場となります、日立の通称 ❝ファンロボ❞ です。

簡単に申し上げますと、送風ファンに付いた汚れを機械が掃除してくれます、と言うもの。

IMG_3383

 

こちら、日立さんのカタログです。この機能が搭載されたのは2019年モデルからで、一番上級のXシリーズのみとなっております。今回のご依頼も2019年モデルとなります。

E4hHJzYVgAAF04l

 

そして、こちら。ファンを掃除するブラシを外した現物です。

IMG_3409

 

このアルミのシャフトに先ほどのブラシが納まっています。

IMG_3422

 

で、その実力は如何に? 外したファン・・・カビ生えちゃってますね。

IMG_3416

 

こちら、クリーニング後です。分かりますよね?羽の裏側の違い。

IMG_3426

 

もう一度カタログを見てみましょう 『羽の先端を清掃』って書いてあります。Σ(゚д゚lll)ガーン

E4hFZa7VcAAH2hb

思わせぶりに書いてみましたが、発売当初から、どうなるか分かっていたことではありますw。 まあ、そういうことなんです。クリーニングのご依頼が不要になる、なんてことは無いので、お気を付け下さいね。

まだ19年と20年と、2シーズンしか使っていないエアコンで、この状態ですからね。

以上、ファンロボの実際をレポートさせていただきました。

 


 

あ、そうそう、もう一つ。これは、前にもお伝えしてますが、ファンロボよりも前から大々的に宣伝している凍結洗浄について。

DSCN2326

 

クリーニングで洗い流した水はこんな感じです。やっぱり汚れています。

IMG_3429

え!そんなに汚れていないですって??

いやいや、テレビ等で見かける真っ黒い水は送風ファンを洗ったもので、アルミフィンから出た水ではないんです。

アルミフィンを洗った水がこれだけ濁っていれば、じゅうぶん臭い風が出てきます。

ファンロボも、凍結洗浄も、普通よりは汚れずらい・・・

『汚れずらい』に注目して下さい。

なお、今回、送風ファンを外して(抜いて)クリーニングしておりますが、こちらは通常メニューでは無く、オプション扱いとなります。

ご興味のおありの方はお問い合せの時に、ご希望の旨、お申し出くださいませ。

ファン自体は外さなくても、同じようにキレイに出来ますが、ファンを外すとアルミフィンの仕上がりが更に良くなります。

それでは、また、よろしくお願いいたします(^_^)/

日立お掃除機能付きエアコンのクリーニングのご料金は、

①標準作業はドレンパン外しで、税込み22,000円。

②送風ファンまで外す(ファン抜き)は25,300円 になります。

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事7選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.送風ファンの洗い方で一番大切なことって何?
5.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
6.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
7.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?