エアコンクリーニング業者の選び方

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

毎日こんなに涼しいと、コメの収穫は大丈夫なんだろうか?と心配になってきます。

農家の皆さまは死活問題、そして私たちの生活もまたピンチです。

20数年前の冷夏の時はタイ米が美味しくないよ~と嘆いた日本人。タイの人々が米不作の日本を憂慮して好意で分けてくれた米なのに・・・、恩を仇で返す事になってしまったことを今でも思い出します。

もしも今年、同じような事態になったとしても、「タイ米マズい」なんて言葉はけして口にしないようにしたいものです。

日本人が長粒米の食べ方を知らなかっただけの話で、タイ米がマズい訳ではないのですからね。

そもそも、そんな過去を鑑みれば、もう分けてもらえないかもしれませんけど。。。

さて、そんな心配が頭をよぎる天候が続く中、今回は趣向を変えて市場でのエアコンクリーニングについて触れてみたいと思います。

 

缶スプレー業者が増えているように感じています

つい先日、リピーターのA様から伺ったお話し。お友達がある業者に依頼したところ、エアコンのパネルを開け、フィルターを外し、分解もせずにスプレーをプシューっと吹きかけ始めたのだそうです。

ビックリしたお友達は「そんなのなら私でも出来ます!」と伝え、頼んだ2台のうち、1台は止めてもらったそうです。

で、後日そのお友達は「あなたが頼んだ業者はどんな感じ?」とA様に質問され・・・、

A様は「こうやって、ああやって・・・」と当社のHPの内容を交えながらご説明され・・・、

お友達は「知らなかった・・・」とショックを受けておられたそうです。

昨年、こんな記事をアップしたことがあります。
↓ ↓ ↓
前の業者さんがクリーニングしたエアコンを再びクリーニング

やはり、まともな作業はしてもらえずに、臭いも改善せずに、結局またクリーニングを頼まざるを得なくなった例でした。

その中でも触れましたが、そういったお金を払うのに値しない業者は依然として増加傾向にあるように思えます。

缶スプレーにしろ、噴霧器にしろ、スチームにしろ、改善効果は得られないということです。

高圧洗浄機の使用は最低条件で、それを使える環境を整えるために、きちんとした分解作業が必要になります。

不充分な分解で高圧洗浄機を使ったら故障するのは必至ですからね。

 

業者選びの注意ポイントは?

ホームページにしても、紙の広告にしても、作業内容がキチンと掲載されているかどうか?が大切です。

【作業内容のキチンとした掲載】とは、このように分解して、このように洗浄します、という解説が画像入りで丁寧にされているか?と言うことです。

【丁寧に】というのは、こういうところが大切で、こういうことに気を配りながら洗浄します、というような説明がされているか?ということです。

その上で作業時間、価格、諸条件などの記載があることが基本です。

持論ではありますが、丁寧な広告を出している業者は作業も丁寧ですし、逆に乱暴な広告の業者は作業も乱暴なことが多いと思います。

乱暴な広告とはイメージ写真がドン!、料金がバン!、その他チョロッと諸条件が書いてあるだけのような短絡的なもののことを指します。デザインがキレイかどうか?とは別問題です。

これだけクリーニング業者が増えている現在、その程度の情報量ではお客様からのご用命はいただけないでしょう。

結果的にどこでアピールするかと言えば、低価格で、ということになります。

そして、価格が安いから人件費は掛けられない、腕の良い作業者は使えない、ということになります。

仮に腕の良い作業者だったとしても、一台当たりの単価は安い訳ですから、経営していくのに必要な売り上げ(利益)を確保するために一日の中で沢山の台数をこなさねばなりません。

つまり、一台に掛けられる時間はおのずと短くなるわけですから、充実した作業内容からは離れていきます。

通常〇〇円のところ、今ならキャンペーンでこんなにお得!という広告も注意が必要です。

そもそも、通常というのは存在せず、最初からキャンペーン価格に準じた作業内容でしか無いのかもしれません。

洋服のセールでもあるでしょう?最初からセール価格で売ることを前提として作った服を用意しておいて、通常価格からこんなにお安くなっています!みたいに販売している商品。

通常販売価格?最初からそんな価値は無いんでしょう?と言いたくなりますね。宝飾品の通販でも良く見かけます。

それと同じことがサービス業でも普通に存在します。

先にリンクを貼っておいた昨年の記事はまさにそんな例でした。いや、それ以下の酷い例でした。( ノД`)

いずれにしましても、何の買い物をするときにも、相手がその価格でどうやって利益を出しているのか?を想像してみることが大切ですね。そうすれば価値を見誤ることもありません。

想像しずらい業態もありますが、エアコンクリーニングはサービス業ですから分かり易い商品だと思います。

【単価】X【一日のクリーニング台数】=【一日の売り上げ】。諸経費は皆さまの社会人経験から想像してパーセンテージを当てはめていただければと思います。

広告で見つけた業者さんの料金は妥当でしょうか?。皆さまご自身、又は配偶者のお給料を時間単価に直して比較していただければ、その業者がどんな作業をしてくれるのか?何となくご想像いただけると思います。

当社の場合、お客様の元に滞在しているのは通常タイプのエアコンで2時間~2時間半。お掃除機能付きのエアコンで3時間~4時間半。その他に行き帰りの移動時間も必要です。一日でそれほど多くの台数をクリーニング出来るものではありません。

料金設定は2019年7月現在、通常タイプで12,900円。お掃除機能付きが21,600円(ノクリアXは除く)です。

業界平均よりは高い設定ですが、それは時間を掛けて、奥深くまで分解してクリーニングしているからです。

その作業の綿密な内容はこのホームページ内に何年にも渡って沢山掲載し続けてきました。

手前味噌になりますが、所要時間と作業内容を考慮していただければ、建設的な料金設定だと考えております。

因みに私、以前は業界違いのサラリーマンをしておりましたが、仕事が早いと言われたことは何度もあります。遅いと言われたことは一度もありません。販売や経営の企画、コンサルティング業務に従事しておりました。段取りは良い方なのだと思います。

それから、私の出身地であります神奈川県では、当時の公立中学では3年次のみ10段階で評価されました。技術の授業は10でありました。正確なところは分かりませんが10が付くのは学年で一人か二人と言われておりました。

自慢めいた話で恐縮ではございますが(すみません、完全に自慢になっていますね >< )、何を言いたいのかと申しますと、無駄に作業が遅くて時間が掛かる訳ではありませんし、誰でも出来る作業内容を難しそうに述べている訳でもないことをご理解いただきたいのです。

エアコンクリーニング、キチンと行うには器用さも要りますし、手間暇が掛かるのです。

「前の業者さんはバケツ半分くらい流して一時間くらいでサーっと帰ってしまって・・・」なんてお話を伺うと・・・(~_~メ)苛・・・と思います。

さてさて、ドンドンと盛り上がってしまいましたが、これ以上続けると当社の経営状況が丸裸になってしまうので、この辺りで止めておきます。(^^;)

ここには書けないこともございますが、当社を業者選びの判断基準にしていただくのもご参考になるのでは?と考え、今回の顚末とさせていただきました。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

 

【追記】スマホじゃなくてパソコンで業者を探しましょう

皆さまネットワーク上で何か買い物をするとき、今では多くの方々はスマホをご利用ですね。

エアコンクリーニングでも同様かと思います。

しかし、エアコンクリーニングの業者選定ではスマホ用サイトでは必要な情報が得られないケースがあります。

殆どの業者が今ではPC用サイトの他にスマホ用サイトを作っていますね。でもスマホの小さな画面でも見れるように作ったホームページでは情報量を縮小せざるを得ず、画像の大きさも制限され、どうしても単純化していく方向になります。

本来であれば大切な情報も、仕方なくサブページに回すして・・・なんてこともスマホ用サイトのデザインでは発生します。

結果、その情報はユーザーに届きずらくなってしまいます。

しつこくて恐縮ですが、エアコンクリーニングは商品名こそ同じでも、業者によって商品の中身が違います。

形ある商品、例えばあるメーカーのAという靴を買うとき等は、どこのショッピングサイトで買っても同じ商品が手に入りますから、知りたいのは値段の違いくらい。それならばスマホ用サイトでも、目的はじゅうぶん達成できますので差し支えありません。

ですが、エアコンクリーニングの場合はそうはいかないのです。

前述の通り、キチンとクリーニングしてくれる業者はホームページにもキチンと作業内容や拘りポイントが書いてあるものです。それなりに情報量が多くなって然るべきなのです。

その業者が「これは伝えるべきだ!」と考えている情報がキチンと網羅されているPC用サイトを大きな画面でご覧いただきながら業者選定にあたっていただくことは、ハズレを引かないための大切なポイントになります。

ちなみに当社のホームページもPC用とスマホ用、それぞれのホームページを作っています。

情報自体はどちらにも同じことが書いてありますが、見やすいのはどうしたってPC用サイト。ユーザーへの伝達力はスマホ用サイトは大きく劣ってしまいます。

お時間のある方は両方でご覧いただければご納得いただけるものと思います。

当社だけでなく、キチンと活動している業者さんのホームページもやはり同様です。

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン