シャープお掃除機能付きエアコン AY-B50VX のクリーニング

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

いきなりですが、前回記事のときにオーブンで焼き芋作りのお話をいたしました。結果はマズマズで不満は無い味でした。

でも、やはり焚火の炎熱で焼いた方が美味しくできますね。たまにやるんです、焚火焼き芋。数年前から注目度上昇中のアウトドアでの遊び方、ブッシュクラフトにも焚火は欠かせません。

ブッシュクラフトって何?と思われた方はググってみてください。Wikiにもありますし、NHKにも登場したりしています。

道くさ話が長くなりました。本日の本題はシャープのお掃除機能付きエアコン AY-B50VXでございます。

アルファベット【B】は2012年モデルの略号となっております。

今までにも触れてまいりましたが、2012年モデルはシャープのお掃除機能付きがグッと躍進した年です。

何が躍進したかと申しましと、設計&製造がどうにもいただけないシャープのエアコンのメンテナンス性が素晴らしく良くなりました。

メンテナンス性が良くなったということは、クリーニングの際も、とてもキレイな状態に戻せるということです。

早速見ていきましょう。

エアコン本体からドレンパンや送風ファンまで、部品を全て外した図です。
頑張りラインが出来ています。お客様が吹き出し口から棒と雑巾でキレイにしようと頑張った限界ラインのことですが、残念ながら分解しないと奥までは届かないです。IMG_8855

 

こちらは自動お掃除機能メカを裏側から見ています。カビ生えてますね。裏側は湿気がこもりますからね。
IMG_8859

こちらはドレンパンの内部です。ピンクヘドロが発生し、カビの温床になります。IMG_8856

こちらは送風ファン。白っぽく見えるのは全てカビです。注目は一枚づつの羽の内側です。カビは湾曲している羽の外側でなく、内側に生えます。何とかしようとも、手作業では何ともならない部分です。
IMG_8858

何とかするには高圧洗浄機が必須です。で、高圧洗浄するためには分解をしなければなりません。そのまま高圧洗浄したら壊れてしまいますからね。
IMG_8860

本体側、アルミフィンと送風路もスッキリです。
IMG_8862

こちらはアルミフィンと送風ファンを洗い流した汚水です。これは一杯目で、この後の2杯目、合計20リッターで当社基準のキレイさが得られました。
リビングで6年間使用した機械が20リッターの洗い流しで済むことは奇跡に近いのですが、伺えば故障してアルミフィンを新品に交換したことがあるとのこと。
まぁ、ことの経緯は事前に伺っていたので、アルミフィンが妙にキレイな状態であることも納得していましたし、洗い流しもそれ程の量にならなであろうことは最初から分かっておりました。
通常、リビングで6年使用のエアコンでしたら40リッターから70リッターの洗い流しが必用になるものです。
IMG_8861

ドレンパンは手洗いです。発泡スチロールが敷き詰められているので、汚れが染み込んでしまうのですが、外して洗ってあげれば塩素消毒も出来て真っ白です。当社がドレンパン外しに拘っている理由はそこにあります。外さないと内部は洗えません。
IMG_8863

後はキレイになった部品を組み立てて終了です。これでまたしばらく快適にお使いいただけることでしょう。

エアコンクリーニング、リビングなどのメインでお使いになられる機械でしたら、当社の方法でクリーニングを行った場合で2年毎が適正頻度になります。

一般的には毎年のクリーニングが奨励されているエアコンですが、当社では毎年メンテナンスにお金が掛かるのは如何なものか?という思いがあり、何とか2年間持たせるようにドレンパンを外したり、洗い流しの量に制限を付けずに行ったりとクリーニング方法に工夫を凝らしています。

その分、一回当たりのクリーニング料金は他社さんよりも高めですが、毎年クリーニングすることを考えたら、結果的には当社の方がずうっとお安く済むことになります。

料金のことだけでなく、クリーニングの為に毎年日程のご都合をつけていただくのもご苦労をお掛けしてしまいますしね。

もちろん、24時間点けっぱなしとか、ペット臭が強いお部屋とか、アレルギー体質でおられるとか、特別なご事情の場合は2年間持たないこともございますが、平均的なご使用環境であれば夏2シーズンを目安にしていただければと思います。

適正タイミングの判断方法につきましてはこちらの記事をご参照ください。
↓ ↓ ↓
エアコンクリーニングは混み合う前がおススメです

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/


 

ワールドクリーナーに興味をお持ち下さった方へ。当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。

 

ご料金 自動お掃除機能付きエアコン(各メーカー共通)

■1台:21,600円(税込)です

※富士通ノクリアはXシリーズのみ29,200円となります。普通のノクリアは先の価格です。

通常タイプのエアコンのご料金、使用する洗剤や高圧洗浄の方法につきましてはエアコンクリーニング ドレンパン外すをご覧ください。

 

施工にあたってのおしらせ(必ず読んで下さい)

▶エアコンメーカーが設定している標準耐用年数(9年又は10年)以内の機械が対象となります。

▶エアコン真下を中心に2畳分以上の空きスペースが必用になります。スペース作りは事前に済ませておくようお願い致します。動かせない大型の家具などがあると作業が出来ない場合がございますので、お申込時にお伝え下さい。

▶吹き抜け天井などで通常よりも高い場所に設置されている機械は作業が出来ない場合があります。一般家屋の天井高は2m40cmです。

▶電気と水道を使用させていただきます。

▶外した部品を洗浄するのに浴室をお貸しくださいますよう、お願いいたします。お伺い前よりも汚して帰ることはありませんのでご安心ください。

▶自動車で伺いますので、駐車スペースのご用意をお願いいたします。無き場合は誠に恐れいりますが、近隣の有料駐車場の料金をご負担下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

エアコンクリーニングで良くあるご質問です

Q、クリーニング後に防カビコーティングをしてもらうことは出来ますか?
A、当店はエアコンへのコーティングはしておりません。しない方が良いと考えています。長くなるのでエアコンの防カビコーティングって効果あるの?にまとめました。ご覧下さい。

Q、室外機もクリーニングした方が良いですか?
A、通常の設置環境での汚れ(ホコリが被っている程度)では室外機のクリーニングは必用ありません。エアコンの室外機、クリーニングは必用ですか?にもう少し突っ込んだ内容を掲載しています。

Q、洗剤はどのようなものを使うのですか?
A、当店では主に植物性の洗剤を使ってエアコン本体を洗います。エアコンクリーニングの洗剤のことに当店の考え方など、詳しい内容を掲載しています。