富士通ノクリア AS-S40A2 をガッポリ外しで完全分解クリーニング

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

9月です。稲刈りの季節です。長梅雨で今年のコメの収穫は大丈夫なのだろうか?と、ずうっと心配しておりましたが、メディアにはそんな話は出てきていません。実際のところはどうなのでしょうか?杞憂に終わればそれが一番です。

さて、本日は富士通ノクリアAS-S40A2のクリーニングです。

後ろの方のアルファベット【A】は年度の略号で2011年モデルとなります。【S】はシリーズ名、【40】はパワーランクで他の28や36なども機械の構造は同じでクリーニングの様子も同様となります。

今回はリピートでのご利用となります。一度目は2015年に実施。4年振りの再会となりますが、汚れの進行具合はどんな感じか?見ていきましょう。

前々からご説明の通り、当社では完全分解でクリーニングを行なっておりますので、各部の状態を全て目視で確認することが出来ます。

アルミフィン。お掃除メカが取りこぼしたホコリがフィルターを通り越して貼りついています。
DSCN0713

 

内側にカビが生えています。DSCN0714

 

ドレンパンの内部には赤茶色の汚物が溜まっています。DSCN0716

 

送風ファンにもカビがたくさん。画像ではちょっと分からないですね。DSCN0721

 

こちらは送風路のカビ。お客様が送風口から拭き取ろうとした痕跡が分かりますね。出口にカビが見えるエアコンは内部にも同じようにカビが生えています。出口から棒などを差し込んでもキレイにすることは出来ません。DSCN0717

 

送風路の拭き取り痕を見て、ルーバーのワイヤーが飛び出していたのも納得しました。吹き出し口から掃除しようとした時にルーバーを外したものの、元通りに組み立てられなくなってしまったのですね。前回のクリーニング時にこんな単純ミスを自分する訳ないよなぁ?、なんでかなぁ?と・・・。その理由が分かりました。皆さまも無理はしないで下さいね。単純とは申し上げましたが、それは私には数百台のノクリアをクリーニングしてきた経験があってのこと。餅は餅屋です。
DSCN0712

 

ココからはクリーニング後です。ドレンパンは手洗いして汚物は無くなりました。
DSCN0725

 

アルミフィンもピカピカです。DSCN0729

 

送風ファンの洗浄後の画像は撮り忘れました(/ω\) が、洗い流した汚水の画像はありました。真っ黒です。先ほどの画像では分かりませんでしたが、こんなにもカビが生えていたんですね。DSCN0735

 

こちらはアルミフィンを洗浄した汚水です。一杯目、濁りきついですね。DSCN0727

 

二杯目。やや薄くなりました。DSCN0728

 

三杯目。オーケーで~す。DSCN0736

 

後は元通りに組み立てれば終了です。これでまたしばらく快適にお使いいただけることと思います♪。度々のご利用、誠にありがとうございました。DSCN0732

 

今回のエアコン、4年振りのクリーニングとしては汚れ具合はソコソコ。前回も思ったことですが、かなりキレイにエアコンをお使いになられているご家庭だと思います。リビング設置のエアコンは2年間で今回くらいの汚れ具合になるのが通常です。

皆さまのお部屋のエアコンは何時クリーニングされましたでしょうか?

当社ではエアコンの劣化を最小限に抑えて健康を保ち、快適にお使いいただく為に2年毎のクリーニングを推奨させていただいております。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

富士通ノクリアお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件