パナソニックエアコンクリーニング CS-28BKH ドレンパン外します

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日ご紹介させていただくエアコンはパナソニックの通常タイプのエアコン CS-28BKHでございます。

アルファベット【K】は2009年モデルの略号となっております。

リピートでのご利用で、2012年に一度クリーニングさせていただいております。

長い間が空きましたが、忙殺状態のお仕事が一旦落ち着いたとのことでご連絡をいただきました。

7年振りの分解となりますが、内部の汚れ具合を見ていきましょう。

ちなみに今回のエアコンは子供部屋とご両親の寝室の2台。共に2012年以来のクリーニングで、両機とも汚れの進行は同様でしたので、ここでは片方だけを代表として掲載させていただきます。

送風路のカビがすごいです。
DSCN0486

 

こちらの画ではアルミフィンのホコリも確認できます。DSCN0488

 

送風ファンにもカビ。画像では羽の先端がモショモショしているのが分かります。これカビなんです。
DSCN0487

 

ドレンパン内部のカビと汚物。黒いのはカビで赤茶のは富栄養化した雑菌です。ピンクスライムとか言われます。ヘドロだと思ってください。DSCN0491

 

吹き出し口の裏側は強烈です。DSCN0493

 

リビングよりも汚れるスピードは遅い寝室ではありますが、ご覧の様に7年間は適正タイミングを大きく超えてしまいます。

エアコンクリーニングはリビングならば2年毎、寝室等は場合にもよりますが、2年~4年毎がおススメです。

皆さまのエアコンは何年目に突入していますか?

それでは、また、よろしくお願いいたします。

当店では三つの手法でエアコンクリーニングをご提供しております。店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など詳細は各々のページをご覧くださいませ。

プレミアムプラン ▶▶背抜き完全分解クリーニング
ハイグレードプラン ▶▶送風ファン分解クリーニング
スタンダードプラン ▶▶ドレンパン分解 お掃除機能付き

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事7選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.送風ファンの洗い方で一番大切なことって何?
5.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
6.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
7.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

エアコンクリーニング全般の最新記事5件