パナソニックお掃除機能付きエアコンのクリーニング CS-500CXR2

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

起きたら雨。本日、私は事務所の日で窓開け、扇風機でこれを書いています。

湿度はありますが、エアコン無しでも大丈夫そうです。

皆さまのお住まいは如何でしょうか?

同じ天候でも住環境でエアコンの必要有無は変わりますので、曇っているとはいえ、熱中症にはご注意下さいませ。

さて、本日はパナソニックお掃除機能付きエアコン CS-500CXR2 2010年モデルのクリーニングです。

Xシリーズはパナソニックの最上級グレードとなります。

一つ前の実例では2014年モデルのXシリーズをご紹介し、電装基盤が前面にあることをご説明申し上げました。

2010年当時はまだ右横に収まっています。お掃除機能付きエアコンが出始めた当初はこれでも超プレッシャーを感じていましたが、前面基盤など更にプレッシャーを感じる機械が出回り、今では右横に収まっているだけでもホッとします。(笑)

IMG_4491

 

この基盤の配線をバラバラっと抜くと・・・

IMG_4472

 

お掃除メカを外すことができます。

 

そうすると、アルミフィンが丸見えになります。ホコリが若干入り込んでいますが、使い始めて8年目でこれくらいならば、超キレイな方です。
伺えば、あまり使っていないので・・・と仰りますが、それだけが理由では無いことを私の目は見抜いています。お部屋がとてもキレイなので、エアコンも汚れ難いのですね。エアコンは部屋の空気を循環させる機械ですから、エアコンの汚れるスピードはお部屋のキレイさに比例します。

IMG_4479

 

で、お掃除メカを外しても分解はまだ終わりません。ドレンパンはまだ本体側に残っています。先ほどの基盤からドレンパンに繋がる配線もバラバラっと抜いて、、、

IMG_4473

 

ドレンパンを外すことができます。キレイといってもドレンパン内部はカビ沢山です。

IMG_4480

 

ドレンパンを外すと送風ファンが良く見えるようになります。

IMG_4478

 

アップしてみると汚れ具合が良く分かります。ドレンパンを外すとルーバーに邪魔されることも無く、高圧洗浄機のノズルのコントロールも融通が効くようになって、仕上がりが良くなります。

IMG_4474

 

それから、アルミフィンの左側の固定を外して持ち上げます。裏側のアルミフィンとドレンパンのゴミの流れ出しが良くなって、よりキレイになります。前回のシャープの記事と同様です。

IMG_4476

 

洗浄後の送風ファンは艶やかで

IMG_4487

IMG_4485

 

アルミフィンもスッキリです。

IMG_4486

 

今回の洗い流しは30リッターでO.Kとなりました。

IMG_4494

 

そうそう、ドレンパンは丁寧に手洗いして真っ白けです

IMG_4482

こちらのエアコン、キレイにお使いになられて、経年劣化も少なく、きっと長持ちすることと思います。

8年目のエアコンですから、人間でいえば、そろそろおじいちゃん、おばあちゃんの年代ではありますが、とっても健康体です。

とにもかくにも、今年の夏も快適にお使いいただけることでしょう。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

パナソニックお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件