シャープお掃除機能付きエアコン AY-B28SE のクリーニング。 完全分解です

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

今年も残り少なくなってまいりました。12月になると時間の経過が加速しますね。朝は寒ッ。だけども布団の中でゆっくりしている訳にもいかず、何かと思い通りにはいきません。W

皆さまもこれから忘年会やら何やらスケジュールが詰まってくることと思いますが、お風邪など召さぬようお過ごしくださいませ。

さて、本日はシャープのお掃除機能付きエアコンAY-B28SEのクリーニングです。

今年はとにかく多いシャープのお掃除機能付きエアコンのご依頼。何か理由があるのか?といえば、はっきりしたことは分かりません。

ですけども、沢山売れたモデルであれば、ほぼ同じ年数が経過した時点でクリーニングのご依頼が集中することもあるかな?といったところでしょうか。

2011年モデル(AY-A型)、2012年モデル(AY-B型)が特に多いことからも、そんな想像をしております。

それはさておき、今回のエアコンは寝室でご使用になられて、クリーニングは今回が初めてとのことです。

寝室のエアコンはリビングに比べて汚れるスピードは遅いものですが、7年目となります今回の機械はどんな状態か?見ていきましょう。

アルミフィン。お掃除機能が取り逃がしたホコリが貼りついています。
DSCN0936

 

ドレンパンの内部と送風口廻りにはカビ。
DSCN0932

 

送風ファンにもカビは沢山生えています。
DSCN0941

 

ここまで分解すると送風路の汚れも奥まで全て見えるようになります。寝室は汚れるスピードは遅いとはいえ、7年間は流石に・・・といったところでしょうか。
DSCN0940

 

こちらは高圧洗浄した汚水です。一杯目。
DSCN0944

 

二杯目はやや色が薄くなって、この後三杯目で今回は透明な水が流れてくるようになりました。
DSCN0943

 

ここからはアフター画像です。
DSCN0947DSCN0934DSCN0949DSCN0946

 

これで安心してご就寝いただけるようになりました。♪

寝室は一晩中点けいることが多いですし、お部屋も狭く、就寝中は人の出入りも無いので空気が入れ替わることもなく、体への影響が大きいと思います。

皆さまもリビングだけでなく、寝室のエアコンにも注目してみてください。

なお、冬は使わないエアコンでも、カビの生えたエアコンは次の夏まで置かずに今のうちにクリーニングした方が機械の為には良いです。

こちら関連記事です。➡エアコンクリーニングのベストシーズンは?

宜しければご覧くださいませ。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

シャープお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件