シャープエアコンクリーニング AY-E63SX 送風ファン外します

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

お元気ですか!?

毎日、暑くて、暑くて、溶けちゃいそうな今日この頃。

ぐでたまみたいになっている方も多いのではないでしょうか?

連日のキョーレツな暑さも、あと、もう少しの辛抱かと思います。

エアコン使って何とか乗り切って参りましょう。

で、そんな毎日ですから、私はといえば、毎日エアコンクリーニングです。

本日は2015年モデルのシャープのお掃除付きエアコンです。

アルファベットEがモデル年の記号で、SXはシリーズ名。

この二つが同じであれば、数字は違っても、皆さまがお使いの機種と同じ物となりますので、ご参考下さいませ。

では、分解していきましょう。

先ずはお掃除メカユニットを外します。(最近、お掃除メカを外さずに、お掃除機能付きエアコン対応を謳っている業者が散乱しています。絶対にキレイになりません。キレイにならなくても黒い水は出てくるので、騙されないようにお気を付け下さいネ。)

IMG_2371

 

次にドレンパンを外します。これも当社では必須の工程です。外さなければ、内部は洗えません。雑菌だらけ、カビだらけです。

IMG_2368IMG_2370

 

アルミフィン。ホコリだらけです。

IMG_2373

 

送風ファン。カビだらけです。

IMG_2372

 

当社の基本作業では、ドレンパンまで外した状態で高圧洗浄しますが、今回はアルミフィンの汚れが強かったので、送風ファンも外して洗います。(オプションになります)

IMG_2375

 

送風ファンを外して洗う目的の大部分は、アルミフィンをよりキレイに仕上げる為。内側からも高圧洗浄できるようになるので、回復率に差が出るのです。ファン自体は外して洗っても、外さずに洗っても、アルミフィン程の大きな違いは出ません。(あくまでも熟知した人間が洗う場合の話です)

IMG_2373IMG_2376IMG_2377

 


ここからは洗浄後。説明は要らないですかね。論より証拠。画像だけご覧ください。

IMG_2385IMG_2390IMG_2386

5年ぶりで爽やかAirを取り戻しました♫

最後にリビングのエアコンは2年毎のクリーニングをお薦めさせていただき、今回は終了です。

使用感で異変は感じなくても、内部では着実にカビが増えています。人体保護と機械保護の為に、適切なタイミングでのクリーニングを!

それでは、また、よろしくお願いいたします(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

※送風ファンを外してのクリーニングはオプションとなりますので、ご希望の方はお申し付けください。(オプション料金は不要の機種もございます)

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事7選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.送風ファンの洗い方で一番大切なことって何?
5.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
6.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
7.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

シャープお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件