エアコンからくっさ~い臭いが出たり、出なかったりの不思議

皆様こんにちは。

ここ最近は気温が下がってきましたね。

夏も、もう直ぐ終わりかと思いますが、エアコンはまだまだ必要な日、時間帯が多いと思います。

そして、この季節はエアコンから悪臭が出やすい時期でもあります。

何故ならば・・・

理由①

猛暑の続いた期間にたくさん使ったことで、エアコン内に汚れを溜め込んでいます。

そして結露水と混ざり、高い気温にさらされて雑菌が増殖し、カビが生え、臭いが出やすくなります。

理由②

気温が低くなってきたことで、エアコンの設定温度によっては冷房で使っていても途中で送風運転に切り替わります。

特に28度、27度設定などでは、この季節は送風に切り替わるケースが多くなり、臭いが出やすくなります。

送風中に臭いが出やすい理由については以前の記事に詳しくあります。

【エアコンからの異臭を簡単に回避できるとき②】

「エアコン温度設定高いと臭い」とか、「エアコン28度匂う」など、関連キーワードでの当ブログへのアクセスが毎日何件かあります。

それこそ、今年買ったエアコンが臭いんです。なんてお問い合わせも来る季節です。

使い方を伺うと、やっぱり温度設定が高いんですね。

寝室のエアコンは同じ温度設定で使っていても、明け方は外気温が下がるので、その相対関係で臭いが出たりします。

リビングで2年使ったエアコンも、気温が低目の日には異臭を放っても何ら不思議はありません。

さらに、クリーニングの適正タイミングを超えてしまった汚れ過ぎのエアコンではクリーニングしても、その時の気温とエアコンの設定温度に注意しないと臭いは出ます。

そんなことを防ぐ意味でもエアコンは適正なタイミングでクリーニングすることが大切なんですね。

ちなみに、ボクんちのエアコンは適正タイミングを逃さないようにクリーニングしているので、臭いで悩まされたことはありません。

それでは、また(^-^)


ご料金など、クリーニングご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

通常タイプのエアコン

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

 

エアコンクリーニング全般の最新記事5件