三菱霧ヶ峰 背抜き完全分解クリーニング

 

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日は主要7メーカーの中で、背抜き完全分解のご紹介が最後となります、三菱の霧ヶ峰でございます。

まず初めに、背抜き完全分解は霧ヶ峰が一番難しいです。配管の取り出し方によっては対応不可の場合もございますので、お問い合わせの都度ご説明申し上げるようにしております。

もちろん、他メーカーでも不可の場合はあるのですが、霧ヶ峰は背抜き作業に対する余裕度が小さいと申し上げたらよいでしょうか。

この件は霧ヶ峰の設計が良くないということではありません。(霧ヶ峰が業界随一のナイスなエアコンであることは間違いないです。)

そもそも、背抜きというのは、この業界の先人方々が、室内機本体を丸ごと壁から降ろさなくても、何とかそれと同じクリーニング効果を発揮できるように考えた方法であって、背抜きができるかどうかを前提にメーカーはエアコンを設計している訳ではないのです。

簡単に申し上げれば、背抜きはクリーニング業界が考えた裏技ということなんです。

何故そんなにややこしいことをわざわざ?と問われれば、壁から丸ごと降ろすよりも、作業料金をお安くできるからです。

クリーニング効果が同じで、安く済むのであれば、それが一番良いいですよね~ということなんですね。

さて、前置きが長くなりました。

背抜きが終わって壁側はアルミフィンだけになっています。

IMG_1963

 

えーと、ビフォ画像がこの通りでして、大変見ずらくなっております。ごめんなさい。画像下側の部品から、前側のドレンパン、送風ファン、ボディ本体(送風路、奥側のドレンパン、背面ドレンパンが一体になっています。)

IMG_1941

 

あまりにも見ずらいので、部品攻構成が分かりやすいようにアフターを先に出しておきます。

IMG_1958

 


 

ボディのアップ、奥側のドレンパンのカビです。

IMG_1942 IMG_1959

 


 

同じくボディ本体、背面側のドレンパンのカビ。壁と接する面です。

IMG_1945 IMG_1955

 


 

送風路。ここは吹き出し口から覗くと途中までは見えますね。でも分解しないと見えない奥にもカビがたくさん生えてます。

IMG_1949 IMG_1962

 


 

送風ファン。

IMG_1943 IMG_1957

 


 

前側のドレンパン。赤茶っぽいのは雑菌が繁殖したものです。お風呂の排水溝周りにでるピンクと同じです。

IMG_1947IMG_1956

 


 

そして、臭いに一番影響するアルミフィン。下から覗いて裏側を見ています。裏にもカビが生えるんですね。

IMG_1953 IMG_1964


 

今回は背抜き向きの良好な設置状態でしたので、首尾よく進み、3時間半ほどで作業終了となりました。

IMG_1965

 

IMG_1967

作業後は背抜きならではの心地よい爽やかAirです。

なお、当社の背抜き完全分解と、おそうじ本舗さんがやっている完全分解クリーニングは全くの別物ですのでご注意ください。

こちら参考記事です➡本物の完全分解クリーニングとは?

それではまた、よろしくお願いいたします(^_^)/

当店では三つの手法でエアコンクリーニングをご提供しております。店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など詳細は各々のページをご覧くださいませ。

プレミアムプラン ▶▶背抜き完全分解クリーニング
ハイグレードプラン ▶▶送風ファン分解クリーニング
スタンダードプラン ▶▶ドレンパン分解 お掃除機能付き

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事7選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
3.アルミフィン(熱交換器)の洗い方で大切なこと。臭いが消えるかどうかはアルミフィン次第です
4.送風ファンの洗い方で一番大切なことって何?
5.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
6.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
7.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?