エアコンクリーニングの全貌 その3

皆さま、こんにちは。

またまた引き続きエアコンクリーニングのビックリ画像です。

◆ホコリまみれのアルミフィン


東芝のお掃除機能付きです。

これでは冷えないのも無理ありません。

お掃除機能ユニットのアップ画像です。


東芝です。

各メーカーとも、お掃除機能の信頼性は低いのですが、最も故障率が高いのは東芝だと思います。

不具合が出ている機械に沢山出会ってきました。

こんなことも、一度や二度ではありません。

クリーニングに伺うと、一番先にするのが動作確認です。

特にお掃除機能に関しては基本的に信用していないので、慎重に動作をチェックします。

東芝の場合、チェックモードがあるので、それで確認します。

機械本体には触らず、リモコンで操作します。

①チェックしてみてO.K。

②では、始めようと、カバーを開けてみると、お掃除ユニットの留め具が外れている。

③きちんとはまっていないのに、何故チェックモードO.Kなの?

④今度はきちんと正しく留め具をロックして、もう一度チェックモードで。

⑤エラー発生。

まったく意味不明な機械です。

信頼もなにもあったもんじゃありません。

残念ながら、お掃除機能部分については、いつ不具合が起きても、全く不思議は無い機械です。

話が東芝に偏り過ぎました。

次の画像に・・・

♠送風ファン

メーカー不明です。ゴメンナサイ。

ではありますが、前々から申し上げている通り、どのメーカーでもこうなります。

銀イオンがどうとか、プラズマがどうとか、現実はそういうレベルでは無いことがわかりますね。

▼カバーを外したエアコン上面です


ダイキンのお掃除機能付きです。

壁に向かって左横面側から撮影しているので、画面の←側が壁。

→側が部屋側(生活スペース)となります。

今どきのエアコンは前面だけでなく、裏面側にもアルミフィンがありますが、前から後ろまでホコリでビッシリ覆われています。

もちろん、冷房も、暖房も効きません。

東芝の件で長くなってしまったので、また次回に続きます。

それでは、また(^-^)/


ご料金など、クリーニングご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

通常タイプのエアコン

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

エアコンクリーニング全般の最新記事5件