秋の気配でエアコンクリーニングのご依頼が増えてきました

皆様、こんにちは。

今年の9月は涼しいですね。

いえ、お盆休みの頃からちょっと違うな?と感じていました。

その影響か、エアコンクリーニングのご依頼は8月~9月前半は前年よりも少な目でした。

ところが、ここへ来て、またご依頼が増えてます。

というと、いかにも今年の天候と関係ありそうに思えますが、実はそれについては毎年のこと。

理由の一つは、気温が下がり始めると臭いが出やすくなること。

今までにもご紹介してきました通り、エアコンの温度設定と、その時の気温、室温との関係によるところです。

もう一つには、日頃からエアコンの汚れをチェックしているお客様からのご注文が増えてくること。

というのは、日頃からエアコンの事を気にしている方々は、真夏の混んでいる季節は避けて計画的にご依頼されるケースが多いからです。

使ってみてたら全然冷えない!とか、臭いが耐えられない!なんて切羽詰まった状況にならないように・・・と、お考えの上でのご依頼なので、お気持ちにも余裕があり、わざわざ大混雑の季節に依頼する必要もないのですね。

その一方、真夏はやはり切羽詰まった状況でご依頼されるお客様が多いです。

「早く来ていただけませんか・・・?」

「申し訳ありませんが、しばらくはご予約いっぱいです・・・」

真夏は毎日そんな会話の繰り返しです(^_^;)

それはさておき、ここ最近は連日、エアコンのご予約が続いていますが、スケジュールはそこそこ余裕がありますので、早めのお伺いが可能です。

切羽詰まる前に是非エアコンの汚れをチェックしてみてください。

チェック方法は以前のこちらの記事で。

↓ ↓ ↓

エアコンクリーニングは混み合う前がおススメです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、文字ばかりになってしまったので、何かエアコン関連の面白い画像は無いかなぁと。

おっ、これがイイですね!

ゴ・キ・ブ・リ

ご臨終です。

エアコンの中にゴキブリ。

珍しいことではありません。

エアコンを分解するとゴキブリの糞がポロポロしていることは良くあります。

分解しなくてもエアコンの下に黒ゴマより少し小さい粒々を発見したことありませんか?

それはゴキフンです。

ちっとも面白くない画像で失礼しましたー(#⌒∇⌒#)ゞ


 

ワールドクリーナーに興味をお持ち下さった方へ。当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。

 

ご料金 家庭用壁掛け(フィルターお掃除機能が付いていないタイプ)

■1台 12,900円(税込)

■2台目以降は10,800円(税込)

所要時間 1台あたり2.0時間前後

構造の複雑な機種は別途お見積りとなります。

お掃除機能付きエアコンのご料金、使用する洗剤のこと等はお掃除機能付きエアコンクリーニング ドレンパン外すをご覧ください。

 

施工にあたってのお知らせ必ず読んで下さい)

▶エアコンメーカーが設定している標準耐用年数(9年又は10年)以内の機械が対象となります。

▶エアコン真下を中心に2畳分以上の空きスペースが必用になります。スペース作りは事前に済ませておくようお願い致します。動かせない大型の家具などがあると作業が出来ない場合がございますので、お申込時にお伝え下さい。

▶吹き抜け天井などで通常よりも高い場所に設置されている機械は作業が出来ない場合があります。一般家屋の天井高は2m40cmです。

▶電気と水道を使用させていただきます。

▶外した部品を洗浄するのに浴室をお貸しくださいますよう、お願いいたします。お伺い前よりも汚して帰ることはありませんのでご安心ください。

▶自動車で伺いますので、駐車スペースのご用意をお願いいたします。無き場合は誠に恐れいりますが、近隣の有料駐車場の料金をご負担下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

エアコンクリーニングで良くあるご質問です

Q、クリーニング後に防カビコーティングをしてもらうことは出来ますか?
A、当店はエアコンへのコーティングはしておりません。しない方が良いと考えています。長くなるのでエアコンの防カビコーティングって効果あるの?にまとめました。ご覧下さい。

Q、室外機もクリーニングした方が良いですか?
A、通常の設置環境での汚れ(ホコリが被っている程度)では室外機のクリーニングは必用ありません。エアコンの室外機、クリーニングは必用ですか?にもう少し突っ込んだ内容を掲載しています。

Q、洗剤はどのようなものを使うのですか?
A、当店では主に植物性の洗剤を使ってエアコン本体を洗います。エアコンクリーニングの洗剤のことに当店の考え方など、詳しい内容を掲載しています。

エアコンクリーニング全般の最新記事5件