コロナ渦中でのエアコンの換気機能の必要性について

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

新型コロナウィルス騒動の最中、暑さが増していくに従って、こんなニュースを耳にする機会が多くなってまいりました。

▶「エアコンがウィルスを拡散させるので注意が必要です。」

▶「通常、エアコンには換気機能は付いておりません。」

▶「定期的に換気をするように気を配りましょう。」

これらの情報は良くご存知のことと思います。

殆どのエアコンに換気機能が付いていないのは本当ですが、中には付いている機種もあります。

それで、換気機能が付いているエアコンを作っているメーカーは早速「当社のエアコンには換気機能が付いています!」と鼻高々に宣伝を始めました。

ご覧になった方もいらっしゃることと思いますが、「なに?じゃあそれを買おう!!」と電気店に走る必要性があるのでしょうか?

慌てず、冷静に、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

そもそも、換気が必要です、と言っているのは、ウィルスがいるかもしれない疑わしい場所のことです。つまり、見ず知らずの人々が集う多目的な場所のことですね。

そういう場所ならば、換気機能が付いたエアコンが有用かもしれません。

しかし、一般家庭の皆さんのご自宅は、不特定多数の人が集う場所ではありませんからウィルス対策の為の換気って必要ないですよね?

一人暮らしで基本的に自分しか部屋にいない人はもちろんのこと、家族がいる方であっても、お互いに感染リスクの低い生活をしている人間どうしであれば、やはり不要です。

何でもかんでも「換気、換気! コロナ、コロナ!」と騒ぎ立てる必要はないのですね。

加えて申し上げれば、もしも家族の誰かが家の中にウィルスを持ち込めば、換気に気を配っていたところで、食事中や浴室、トイレ、ドアノブなどの設備を通して普通に感染してしまうでしょう。
(仮に家の中でお互いを隔離して、接触しない様に生活するほど警戒しているのならば、更に警戒する意味では換気の有効性も理解できなくもありません。ですが、感染が判明している訳でもないのに、そこまでする人っていないですよね)

それらを考えれば、自宅のエアコンを換気機能の為に買い替える必要はありませんし、たまたま買い替えのタイミングを迎えた方についても、わざわざそれが付いているエアコンを導入する必要性は無いと言えます。

例外として、外部の人を頻繁に招く方、例えばご自宅でピアノ教室や、お料理教室を催しておられる方々はその必要性を検討してみても良いかもしれません。

結論といたしましては、ご自身の自宅の環境、つまり家族構成、生活パターンをご考慮の上、ご判断いただければ宜しいかと思います。

何となくその方が良いような気がして・・・、といったお考えで高価なエアコンを購入することの無いようにしたいところですね。

その時の風潮に流されることなく、論理的に考えていくことが大切だと思います。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

【追記】今お使いのエアコンでどうしても換気しながら使いたい場合。窓を1㎝開ける。レンジフードを点ける。これで換気機能の付いているエアコン以上に換気能力は確保できます。
換気機能の付いているエアコンの換気用のホース径は数㎝程度、換気用のファンは電池式のハンディサーキュレーター程度ですからね。ご納得いただけますでしょ。

ちなみに私、身長172㎝、体重64kgなのに、喘息持ち故に肺活量が2600ccしかありません。コロナに感染して肺炎を併発すれば高確率で重症化する自信(?)があります。警戒感は高く持って年初から生活しております。FBをフォローして下さっている方はご存知かもしれません。けして楽観的に今回の記事をアップしてはおりません。m(__)m

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

通常タイプのエアコン

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事6選

1.エアコンクリーニング業者の選び方
2.何となく決めた業者さんのクリーニングで大失敗してしまったお客様の話
3.ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
4.DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
5.エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
6.エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

 

エアコンクリーニング全般の最新記事5件