パナソニックお掃除機能付きエアコンCS-50RKXのクリーニングで故障発見

皆様、こんにちは。

12月になってしまいました。

こっちに来るなぁ~と叫んでいましたが、いざ、なってしまえばイケイケです。

後はガッツリ働いて寝正月に備えます。(^_^;)

そんなこんなでガッツリ働いていたところ、お掃除機能付きエアコンのクリーニング実績が累計300台となりました。

たくさんのご利用、誠にありがとうございます。m(_ _ )m

で、300台目となったのはパナソニックのエアロボ CS-50RKX です。

さぁ、きれいにするぞ~とお伺いしたところ、タイマーランプがピカピカ点滅しながら出迎えてくれました。

あちゃー、これは不具合のサインです。(→o←)ゞ

お客様いわく、だいぶ前から点滅していたかも、とのこと。

まずはいつもの通り、運転確認しながら、不具合箇所を探ります。

風は普通に出ます。

室外機もきちんと動いて暖かい風が出ます。

運転音も正常。

風量変更O.K。

左右、上下風向き変更O.K。

ナノイーO.K。

換気/空清スイッチは・・・ん?換気ファンの運転音がしていない?

続いてフィルターのお掃除メカ・・・ん?動かない??

怪しいのはこの辺かしら。

一度、コンセントプラグを抜き、差し直してリセットします。

もう一度フィルターのお掃除を・・・今度は動きます。

ただのバグか?、それとも本当の不具合か?疑念は捨てずに慎重に分解していきます。

まずはフィルター。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 

右側、左側、計2枚のフィルターがありますが、片方だけ全く自動お掃除されていません。

おかしい。(-_☆)

ホコリのたまり具合から察するに、これはお客様の仰る通り、だいぶ前から不具合が出ていたと思われます。

更に周辺にはたくさんのホコリが隅々まで詰まっています。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 

正常に動いている機械でも、取り残されたホコリがエアコン内に充満していることはあります。

ですが、今までお掃除ロボを何十台もクリーニングしてきて、こんなにホコリが除去出来ていない機械は初めてです。

やはり、ちょっとおかしい。( ̄_☆

袋の中は各所から集めたホコリです。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 

ここまできて、疑ったのはホコリの排出用ホースの詰まりですが、それも違ったようです。

更に分解しつつ・・・ん?これか!

割れている部品を発見しました。

ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 

先端の部分、ここは本当は筒状になっていて、その筒にモーターの軸がささるようになっています。

そして、下の画像の緑色のテープを貼ってある所に付いています。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 

この黒い部品全体はホコリを屋外へ排出する為のファンであり、そして換気機能も兼ねています。

割れていた小さい部品はホコリの排出時は閉じていて、換気の時は開くのが本来の動き。

ですが、割れていたがために、ホコリの排出時もプラプラして開きっぱなしになっていたのでしょう。

排出しようとしたホコリが、その開きっぱなしの穴から吹き戻され、ずうっとエアコン内を循環していたと思われます。

原因判明です。

お客様にご説明し、この部分は別途修理をご依頼していただくようにお伝えしました。

後はいつもの通り、サクサクと。

アルミフィン洗浄中。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 
汚れている所、洗浄した所、境目ハッキリです。

汚水。上、一杯目。下、三杯目。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 
まだ、ちょっと濁ってます。

更に四杯目。
ハウスクリーニング、エアコンクリーニングのワールドクリーナー 
O.Kです!

今回は45リッター程でしょうか。

ドレンパンの中はキレイで、ピンクスライムが若干くらいでした。(写真撮り忘れ)

後は組立て、動作確認して終了です。

先の自動お掃除機能に不具合があっても、暖房・冷房は普通に使えます。

この機械、販売店の延長保証に加入していたとのこと。

不具合箇所は無償修理してもらえることでしょう。

300台目のお掃除機能付きエアコンはちょっとしたハプニングもありましたが、解決への道筋も付いてメデタシです。(・∀・)

◆2003年に世に出たお掃除機能付きエアコン。

かれこれ7年、8年、9年と経過した機械も多くなり、今年あたりから不具合が出ている機械に出会うことがグッと増えてきたようです。

もちろんパナソニックだけではありませ
ん。

というか、パナソニックは少ないほう。

他にもっと気になるメーカーもありますが、ここでは伏せておきます。

いずれにしましても、どのメーカーであろうとも、お掃除機能付きは部品点数も多いですし、複雑な作りになっていますから、ノーマルタイプのエアコンに比べれば不具合が起こる確率が高くなるのは仕方のないことかも。

そんな状況の中、ボクとしては前々から臆することなく、お掃除機能付きエアコンに取り組んできて良かったとしみじみ思います。

思えば、お掃除機能付きエアコンのご依頼が出始めた2009年当初は、分解するだけで頭の中がいっぱいで、他のことを考える余裕はありませんでしたから。

経験が少ないうちに今回のような機械に出会っても、こんなに冷静には対応できなかったと思います。

300台の経験、無駄にはしません。

大いに役立っています(^∇^)


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

パナソニックお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件