パナソニックお掃除機能付きエアコンCS-222CEX ドレンパン外してクリーニング

皆さま、こんにちは。

オリンピック、連日盛り上がっておりますね。

本日はレスリング女子、絶好調でした。

金3個 

まだ増えそうですね。

明日も頑張ってくれることでしょう

さて、今日はパナソニックお掃除ロボ、CS-222CEXです。

2012年製のエアコンです。

先ずはカバーを外して、次にお掃除メカを外します。

そうすると、アルミフィンが露わになります。

それから当店の場合は、アルミフィンの下にある結露水の受け皿、ドレンパンも外します。


ドレンパンの内部には、雑菌の繁殖したピンクスライムや・・・

カビもたくさん生えています。

アルミフィンとドレンパンが接触している部分には、ピンクスライムがトロ~リ付いています。

ドレンパンの内部も外して洗えばスッキリです

ドレンパンを外して洗うのか、外さずに洗うのか?業者によって異なります。

エアコンクリーニング店、今では星の数ほどに増えてきた感がありますが、作業方法は千差万別です。

このような、真っ黒い水はどんな作業方法で洗っても、それなりに出てきます。

ですが、どこまでキレイに出来ているか?については作業方法によって差があります。

値段が違えば、作業方法が違い、そして仕上がりに違いが出ます。

(中には作業方法的には極めてノーマルなのに、高価格な場合もあるようですから、必ずしも価格と、作業内容が比例しているとは限りませんが、価格は一つの目安ではあります。)

エアコンクリーニングは作業方法の違いに拘って業者を探してみてください。

当社のホームページは、そんなお客様方々に評価していただける内容になっていると自負しております。

実際にクリーニングにお伺いすると、当社に辿りついた経緯をお教え下さるお客様が沢山いらっしゃいます。

『作業方法』という言葉を何度も繰り返してしまい、しつこいようですが、それほど大切なんです。

当社未経験の皆さま、ご覧いただいて、お気に召しましたら、どうぞお問い合わせ下さいませ。

それでは、また、よろしくお願い致します(^-^)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

パナソニックお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件