CS-SX560C2パナソニックお掃除機能付きエアコン ドレンパン外してクリーニング

皆様、こんにちは。

先日のHITACHIに続いてパナソニックのお掃除機能付きエアコンですが、その前に一点。

当社は沢山のお掃除機能付きエアコンのクリーニングをご依頼いただいておりますが、もちろん通常タイプのエアコンのクリーニングも承っております。

それから、エアコン以外にもハウスクリーニング全般行っております。

お客様から良く「エアコン以外もやっていらっしゃるんですか?」とご質問を受けることがあります。

「お掃除機能付き以外のエアコンもやっていらっしゃるんですか?」とは、まだ聞かれたことは無いのですが、念のためにアピールさせていただき、本題に入ります。(^^ゞ

先ずはフロントパネルを持ち上げて、フィルターを外します。

やっぱりホコリだらけです。

お掃除機能付きエアコン特有の弊害ですね。

どこのメーカーでもいずれはこうなります。

画像を見てしまうと信じがたいかもしれませんが、実はホコリの除去能力が一番高いのはパナソニックさんです。(パナさんの名誉の為に・・・)

「一番優秀なのにそんなになってしまうの?」という疑問はごもっともですが、これが現実です。

◆お掃除メカを外してみます。

ホコリだらけのアルミフィン。

これでは熱交換できませんね。

冷えないし、暖まりません。

風もヒョロヒョロ~といった感じ。

◆ドレンパンを外して内部をチェックします。

発泡スチロールにがっちり染み込んでいます。

臭いも強烈。

排水溝の臭いをご想像下さい。

ドレンホースの繋ぎ口に向かって汚物が流れつつ、固まっています。

↓ ↓ ↓

ホースつまらなくて良かったですね。(*゚ー゚*)

◆送風ファン

カビがモコモコです。

◆放置期間が長かった為に錆の進行も早いです。

2010年製ですから今年で5年目の機械ですが、劣化具合は既に10年選手くらいです。

適正にクリーニングしていけば、5年でここまで傷んでしまうこと無いのですが。。。(-。-;)

続いてクリーニング後の風景です。

●送風ファン

●ドレンパン①

●ドレンパン②

●アルミフィン

●お掃除メカ

●洗い流した汚水の写真

↓ ↓ ↓

撮り忘れ(→o←)ゞ

60リッターほど流したので、究極レベルの汚れ具合だったことをご報告させていただきます。

よく使っているエアコンは汚れるスピードがとても早くなります。

夏を二度越せば空気中の汚れをしっかり溜め込んで、カビが生えているのが普通です。

リビングのエアコンが4年経ってもキレイ・・・ということは残念ながら無いのですね。

何度も繰り返しで恐縮なのですが、こちらの記事をご参考にご自宅のエアコンと比較してみてください。

↓ ↓ ↓

エアコンクリーニングは込み合う前がおススメです

それでは、また。(^-^)/


ご料金の他、クリーニングの全体的な事柄はお掃除機能付きエアコンクリーニング ノクリア他全メーカー対応をご覧ください

 

パナソニックお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件