富士通ノクリア 完全分解クリーニング【ガッポリ外し】の優位性

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

連日、沢山のご依頼をいただき、誠にありがとうございます。今年はテレワーク需要でエアコンの販売が好調らしいですね。

同時にクリーニングのほうも、早め、早めのご依頼が増えているように思います。

ご予約状況も混雑してまいりましたが、ご依頼のピークはもう少し先。これから先は今以上に混み合っていきますので、皆さまも今のうちにエアコン点けてチェックしてみてください。


それでは本題に。本日は富士通ノクリアのクリーニングです。

今回は趣向を変えまして、当社がいつも行っているガッポリ外し、つまり完全分解でのクリーニングと、一般的な分解方法でのクリーニングでは結果がどう違うのか?について検証してみました。

早速ご紹介させていただきたいと思います。

なお、全ての機種に共通の事柄になりますので、いつものような年式、型式の解説はございません。

それで、ドレンパンの内部についてはノクリアの場合は完全分解しない限り、キレイにすることは不可能です、と今までにもご説明してまいりました。➡富士通ノクリアのガッポリ外しとは完全分解クリーニングのことです

そこも完全分解クリーニングの優位性の一つですが、今回はアルミフィン(熱交換器)についてです。

こちらがアルミフィンです。既に完全分解してあります。

DSCN2433

 

皆さまが日頃ご覧になっている吹き出し口の他、ドレンパン、送風ファンを丸ごとガッポリ外すと先の画像の状態になります。

DSCN2424

 

ガッポリ外すとアルミフィンを内側からも見ることが出来るように、つまり内側からも高圧洗浄できるようになります。

DSCN2434DSCN2437

 

早速アルミフィンをクリーニングしていきます。

洗剤を惜しみなく吹きかけて汚れを浮かした後、先ずは外側からのみ、高圧洗浄を行って、キレイな水が流れてくるようになるまで濯ぎ切ります。

DSCN2442

 

最初は濁った水が流れてきます。

DSCN2443

 

はい、透明な水が流れてくるようになりました。十分キレイになっているように見えますが、本当のところはどうなんでしょう?

DSCN2446

 

それを確認するために、続いて内側から高圧洗浄してみます。

DSCN2447

 

如何ですか?外側からの高圧洗浄だけではキレイになっていないことが良く分かりますね。

DSCN2450

 

ちなみに、今回は寝室のエアコンでしたので、汚れは平均よりも少なめです。それでもこれだけ濁った水が出てきます。リビングのエアコンならば、もっと黒い水が出てきます。

ドレンパンだけでなく、アルミフィンにつきましても、完全分解でクリーニングする優位性が良く分かりますね。

そして、臭いに一番影響するのはアルミフィンの汚れであることを付け加えておきます。

「点け始めの数分間が臭い」「26℃設定だと匂わないけど、27℃にすると途端に臭くなる」「風が酸っぱい!」なんていうケースはアルミフィンが汚れているのだな?とご理解いただければ宜しいかと思います。

皆さまがお使いの富士通ノクリアは嫌な臭いしていませんか?

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事6選

  1. エアコンクリーニング業者の選び方
  2. 何となく決めた業者さんのクリーニングで大失敗してしまったお客様の話
  3. ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
  4. DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
  5. エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
  6. エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

富士通ノクリアエアコンクリーニングの最新記事5件