富士通ノクリアX AS-X28F のクリーニング 完全分解です。

皆さま、こんにちは。ワールドクリーナー坂井でございます。

本日は前回に引き続き、またまた富士通ノクリアXのクリーニングです。

前回お届け致しましたのは2015年モデル。今回は一年後継の2016年モデルとなります。

型式はAS-X28F。 アルファベット【F】が年式の略号です。
DSCN1030

 

当店はノクリアXにつきまして、初代2013年モデルから2018年モデルまでクリーニング実施済みです。

2013年のアルファベット【C】から順に、2014年【D】、2015年【E】、2016年【F】、2017年【G】、2018年【H】となります。

ん?いや、2014年モデルだけ、ご依頼いただいたことがありませんでした。失礼しました。

でも、2014年モデルは2013年と同じはずです。基本的に2年毎のモデルチェンジが慣例ですからね。

今、取説を見てみましたが、2013年、2014年共にサイドファンのフィルターが取り外しできるようになっているところも同じです。

ちなみに、慣例に従って2015年と2016年は一緒。2017年と2018年が一緒なのは確認済みです。

型式は毎年変わりますが、中身は2年間同じで、外観の色が変わったりするくらいなのです。

まぁ、でも、ノクリアXの場合、2013年から2018年まで、変更点は少ないエアコンです。

しいて言えば、最初期の2013年は2015年以降と比べると設計の詰めが甘く、分解、組み立てがしずらい所がありますかねぇ。

どんな製品も、全くの新規で登場したモデルというのはそういう傾向にあります。エアコン以外でもそうですよね。

さて、前置きが長くなりましたが、基本的に変更点はないので、分解の様子は前回と同じです。

配線の通し方の注目ポイントも同じです。
DSCN1036DSCN1037

 

ということで、完全分解完了です。とは申しましても、最初の動作確認も含めて、ここまで一時間くらいは掛かります。DSCN1045

 

完全分解であれば、こんなに奥のカビも見逃すことなくクリーニング出来ます。DSCN1043

 

送風ファンのカビも取り外してマジマジと見ると、かなりの生え具合です。
DSCN1040

 

送風路はカビもすごいですけど、ココでの注目は茶色い液体です。こうなるのはキッチンから油分を含んだ料理臭を吸い込んでいるからです。こうなると、だいたい酸っぱい臭いがするようになります。皆さまもリビングでお使いのエアコンの吹き出し口に茶色い汚れを見つけたことありませんか?
DSCN1041

 

ドレンパンの中にも汚物が溜まってますね。冬は乾いておりますが、夏場は結露水でブヨブヨ、ヌルヌルになります。お風呂の排水溝をご想像いただければ遠からずです。
DSCN1049

 

こちらは送風ファンを洗い流した汚水です。納得の黒さ(?)ですね。DSCN1052

 

こちらはアルミフィンの汚水です。お料理成分が多いエアコンですので茶色っぽくなっています。
DSCN1050

 

もう一杯。まだ濁っていますね。DSCN1051

 

更にもう一杯。あれ?画像がありませんでした。が、今回は4杯目、約40リッターで当社基準のキレイさが得られたことをご報告させていただきます。

ちなみに私は「当社基準のキレイさ」という言葉を良く使っております。何故なら、どこまでの作業(クリーニング)を以ってキレイになったのか?という判断基準は業者さんによって違うからです。

皆さまからご覧になると、その違いは分かりずらいかもしれませんが、当社の基準につきましては様々な機種の作業事例をご覧いただいて感じ取っていただければ幸いです。

ところで、話はまた飛びますが、上の画像で靴が写っております。前回はスリッパが写ってしまい、ついでにそれについてのお話をさせていただきました。

今回は更についで、ということで靴のお話しです。

当店がお客様宅に伺う際は白い靴を履いて参ります。何故ならば、汚れていない靴を履いてきていることが、お客様にも、私自身にも分かるようにする為です。

やっぱり汚い靴を履いて来た業者さんに上がられるの嫌ですよね。

で、白い靴なので、汚れは目立ちます。汚れればすぐに分かります。汚れたらジャブジャブ洗ってしまいます。

黒い靴ならば、多少の汚れは分からないですし、そんな苦労は無いんですけどね。でも、私といたしましては、汚れていることが分からない、ということ自体が宜しくない。で、白い靴なんです。

さて、送風ファン、キレイになりました。DSCN1055

 

送風路、気持ち良いです。DSCN1053

 

ドレンパンもスッキリです。DSCN1054

 

これでまた、快適にお使いいただけるようになりました。♪

ところで、今回はノクリアXの最大の特徴にして最大の弱点でありますサイドファンにつきましては画像がありません。

サイドファンの分解は不要になったからです。(とは申しましても、サイドファン本体を両肩から外す作業は必用です)

クリーニングのほんの少し前に故障し、メーカーさん出動で左右のサイドファンを新品に交換してもらったそうです。

サイドファンの故障はそれなりに起こるようですね。ご経験された方も少なくないのでは?と思います。

なお、今回はその分の作業が不要になったので、通常のノクリアXのご料金から割引させていただきました。

さて、そんなこんなで、まだ現物には出会ったことが無い2014年モデルのノクリアXをお使いの方、ご依頼お待ちしております。

もちろん、他の年式の皆さまもお待ちしております!。

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

当店は店長坂井が一台づつ、想いを込めてクリーニングさせていただきます。ご料金など、ご依頼への全体的な事柄は下記のページをご覧ください。

フィルターの自動お掃除機能が付いているエアコン

通常タイプのエアコン

 

 

エアコンクリーニングを頼む時に読んで欲しい記事6選

  1. エアコンクリーニング業者の選び方
  2. 何となく決めた業者さんのクリーニングで大失敗してしまったお客様の話
  3. ドレンパンを外して洗ったエアコンと、外さずに洗ったエアコンはどれくらい違うのか?見てみましょう
  4. DIYでクリーニングしたエアコン、キレイになっているのか?分解してみました
  5. エアコンの防カビコーティングって意味あるの?
  6. エアコンの室外機のクリーニングって必要なの?

富士通ノクリアお掃除機能付きエアコンクリーニングの最新記事5件